第三回 3つの時間の使い方

人間、情報量が多いと、処理するのが面倒になるか、いやになり、
相手に与える印象もよくないらしい。
(って、昨日見ていた、髪型のサイトに書いてあった)

イケメンは、どんな存在か。
コミュニケーションが上手だったり、魅力的に見せる奴。
そして、そのための努力を惜しまない奴だ。

努力といっても、24時間何かしているわけではあるまい。
そこで、物事をシンプルに考えてみる。

人の時間は3つに大別できる。

1 ひとりの時間
2 見られる時間
3 コミュニケーションをとる時間。


ひとりの時間は、外の目を気にしない状態。
見られる時間は、通勤時間やオフィスにいる時間
コミュニケーションをとる時間は、誰かと作業したり話をしたり。


1は絶対に必要な時間だけれど2や3の準備を怠ってはいけない。
2の時間は、1の時間の代わりになるわけではない。
人前で化粧はしないだろう。
2は通勤電車の中など1に近い使い方ができるけれど、周りの目はいつでもあるし、
瞬間的に3に移行する可能性がある。

身だしなみに気をつかうのは、1の時間を確保せよ。ということだ。


さて、コミュニケーション(アウトプット)は2つに分けてみる。

A 瞬間的なもの
B 遅延するもの

瞬間的なものは、会話、振る舞いなど。
遅延するのは、制作物、身だしなみ(準備のタイミングと見られるタイミングが違う)など

瞬間的なものはその時勝負である。出したら引っ込みはつかない。
遅延するものは、少なくとも推敲することが可能である。

コミュ障にとって、一番難しいのは前項と組み合わせて3Aだけれど
1B、2Bなど
意外とそれ以外のところで準備、推敲を重ねて相手への印象を良くする道は
ありそうだと気がつく。

自分のいるステージを認識して次のステージへの準備をしよう。

 
[PR]
by stafy77 | 2014-01-03 23:48 | イケメンになる!
<< 第四回 起きた直後は自分の時間を 第二回 清潔感?身だしなみ? >>