雨が降ると、気がついてしまう。


 晴れていると気がつかないのに、雨が降ると気がついてしまう。
 靴の先に、小さな穴が開いていることに。
 難しいもので、普段はとても通気性のいい靴を履いて、快適~って
 思っていると、同じ服で雨の日は外に出にくい。

 また、密度の高い靴は、雨には濡れないけれど、
 蒸してくるとあまり快適ではない。
 
 素足にサンダルっていうのは、とってもお気に入りの、
 オールマイティなスタイルなのだけれど、遠距離を歩くのには向かない。

 雨の日に快適にお出かけするには、何が向いているだろう。
 
 まったく雨に濡れずに歩けるならそれに超したことはないのだけれど、
 そんなアイテムはできるのだろうか。
 なにか、空気の壁のようなモノができるとか、
 でも、完全に遮断するなら、車の中にいるのと一緒で。
 
 雨の中を歩くというのは、雨の日の空気とか音を楽しむことだから、
 結局、かっぱに長靴がいいということになってしまう。

 かっぱや長靴は、お出かけにはいいのだけれど、後片付けが面倒だったり、
 使った後に、荷物になるのが難点だ。
 
 それでは発想を変えて、外(雨に濡れる場所)と中(雨に濡れたモノを嫌う場所)が
 ある状態で、いかに、切り替えができるかというのがテーマになるだろう。

 原始的な方法では、建物に入ったらなるべく早くトイレに駆け込み、
 上から下まで乾いた服に着替えてしまう。
 (ぬれた服は荷物になるものの、これで室内では快適に過ごせる)

 ということは、必要なサービスは、
 1.着替える場所の提供
 2.ぬれたモノの一時預かり、高速乾燥
 3.必要によって、シャワーなどの提供
 4.必要によっては、乾燥するまでの時間の休息・娯楽の提供
   (近所に、娯楽施設がない場合)

 このようなサービスを一つにして、トラックかなにかで提供してはどうだろう。
 
 そんなくだらないことを、天気の良い日に、考えたのだった。
 次の雨が降る前に、靴、買わなくちゃなぁ。。。
[PR]
by stafy77 | 2005-10-25 00:00 | 問題解決
<< 早く寝た(早く寝かされた) 車内マナーと、ドナルドのベンチ >>