相方の怪我と、身の回りの変化。


 相方が足をねんざして、1週間になる。
 さらにその前に、手を腱鞘炎で痛めてしまい、
 かかりつけのところで見てもらっていたのだが、
 ねんざもついでに見てもらおうと思い病院に行ったところ、
 足をギブスで固められてしまった。
 
 片足をギブスで固められ、お風呂にはいるときにはスーパー袋でぐるぐるに
 覆ってからお風呂に向かう相方。
 
 この風景、なんか見覚えがある。
 そう、それは結婚する前。
 ある日、突然相方はアキレス腱を切ってしまったのだ。
 あのときもお医者さんに行き、、その後は、一人でお風呂にも入れず、大変だった。
 
 今回は、単なるねんざだから、自分でお風呂に入れるけれど、
 子供を入れることができない。
 必然的に、1週間、自分が入れることになる。
 たまたま、今週は会社は死ぬほど忙しくはなく、そのおかげで早く帰ることが出来た。
 
 子供を風呂に入れ、茶碗を洗うのが半ば日課となっている。
 昨日今日は、お風呂ラジオでCDをかけるという作戦で、
 子供を静かにするテクニックを覚えた。。

 来週からは、どんなことになるのか。。
[PR]
by stafy77 | 2005-10-28 00:00 | 相方、子供、生活
<< すみません と ありがとう。 子供の変化 >>