娘の誕生日

7/23は娘の1歳の誕生日だった。
どんな誕生日、かというと、娘にとってはそうとうに不満が多かったはず。

昨日38度まであった熱はようやく37度までさがったものの、
慣れない横浜の実家でのお泊り、昨日からの便秘?
1歳前後から哺乳瓶をやめてみようということで、ストローマグでミルクを飲ませる、
昨日、口の中をフォークでつついて怪我?をしたかもしれない。
などなど条件が重なって、起きても食べても不機嫌な一日だった。

そんな中、ちょっとは機嫌のよさそうな時間を狙って、
買ってきた一升もち(担ぐと一生食べ物に困らないらしい)の半分を風呂敷に包んで
担がせて立たせてみる。
(一升は2キロ近くあり、とてももてる重さじゃなかった)

相方と母と自分の目の前で、
つかまりだちで、よいしょっと。立ち上がったので、
よしっ、これで本番もOKなんていっていたら、
みるみるうちに機嫌が悪くなり、食事の時間はほとんど家族といっしょにおれず、
ケーキはみんなとばらばらの時間に食べ(といってもフルーツ)
肝心のお餅は、本番では記録に残す前に座り込んでしまい、
二度と立ち上がることはなかったので、まぼろしの1升もちとなった。

機嫌の悪いのをちょっとでも直してもらおうと、
アップライトピアノに張り付いて、
ハッピーバースデイとか、森の熊さんとか、大きな栗の木下でとか、
耳になじみのある音楽をずっと弾いていた一日だった。

それにしても、まぁ、1年育ったものだ。
去年の今日の午後は、たしか大きな地震があったはず。
そして、午前中には、あなたは、まだへそのおでお母さんと繋がっていたのです。

いつの間にか、お腹の中にいた時間より、外のほうが長くなってしまいました。
これからも健やかに育ちますように。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-24 00:00 | 相方、子供、生活
<< 「娘が不良の彼氏」を連れてきて... 今日のお留守番 >>