かき鍋

相方と結婚して、いいことそうでないことたくさんあるけれど、
自分にとって幸せなことのひとつに、作ってもらう食事が口に合うことがある。
少々味か濃かったり、量が多かったり、油ものが多かったりするけれど、全体としてまず、美味しく頂ける。

食べられないもの、苦手なものがないので、あまりリクエストすることもないのだけれど、一昨日、「(ノロウィルスでの風評被害応援で)かき鍋が食べたい」と言ったら、昨日、かき鍋するから~と言って朝から鍋に昆布を入れていた。


自分て、愛されているのかしらん。
いつもありがとうございます。
[PR]
by stafy77 | 2006-12-22 07:43 | ひとりごと
<< 八景島のイルカ さようなら。氷川丸&マリンタワー >>