食べ物の不思議

Excite エキサイト : 社会ニュース

食べ物にまつわるニュースがふたつ。

一つめは、初めは、相方から聞いた。
「近所のスーパー言ったら、すごかったよ!納豆ぜんぜんない!」
聞いて、なんのこっちゃと思ったが、テレビで納豆がダイエットにいいと
紹介されたらしい。
うーん、ダイエットね~。
これ以上太ると腰にくるとか内蔵に来るとか、それぐらい太っている人でない限り
少なくとも現状そこそこ調子がいい人は、ダイエットってあまり効果がない気がする。
(ダイエット=何が何でも痩せるでなければ、
体重を変化させずに体調を良くするのもダイエットかもしれないが)

しかも、食べるダイエット、食べないダイエット、置き換えダイエットは
一見楽そうだけれど、、
痩せる→(健康に体重を減らす)って生活習慣を変える事に他ならないのでは
ないだろうか?

メガ納豆摂取でも、サプリやダイエット食品に置き換えでもいいけれど、
はじめたからには一生同じ食生活を続けるのだろうか?
それが成功して、元の食生活に戻したら、体の摂取バランスが変化して
元の体重に戻るんじゃないだろうか?

そう考えると、食べる/食べない ダイエットは、
運動不足の人が運動を習慣に取り入れるよりもしんどい気がする。


そして、もう一つ。
こちらは、ニュースを先に見た。
不二家が消費期限切れの材料を使ってお菓子を作ったのがばれて
洋菓子の販売を停止。
近所の不二家では、「しばらくお休みします」の張り紙が貼ってあった。
ぺこちゃんのほっぺとかおいしいのになぁ。
とても個人的な話をすれば、家の中では賞味期限はわりといい加減である。
なんせ、賞味期限が近いものは、パン、牛乳、ヨーグルト等安い。
特に、翌日に食べきってしまうのがわかっていれば、○○円引き!シールは
魅力的である。
(さらに1日過ぎたからって賞味期限的には味は激変はしない。たぶん)

ただ、企業でやっちゃぁ、いけんなぁ。
不二家の場合、ずさんな管理をしていたり、
製造者が定めた設定値で味が激変しないのを過信していたのかもしれないが、
入荷→製造のサイクルで大量廃棄しなくちゃいけない発注をしていたということだろう。
不二家の姿勢はもちろん良くないことであったけれど、
逆に、賞味期限が切れたために捨てられる大量の食材を想像してみると、
現在の社会って、うーん、これでいいのだろうか。と思ってしまう。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-12 03:26 | テーマ:食べ物
<< 魚が飼えない我が家 呼吸を考える >>