16日目(あの頃の自分は。

自分はあまり記憶力がないのか、それとも思い出すことがないからなのか、過去の自
分をまるで昨日のように思い出すことはあまりない。
今から30数年前、自分はこの世の中にはいなかったわけで、逆に150年後にもたぶん、この世にはいない。
今を中心に、自分自身が振り返ることのできる時間軸がありながら、過去の自分を「こういうものだった」とあまり決め付けていない。

でも、最近、いろんな音楽を聴いていくうちに、「あの頃あんな音楽を聴いていたなぁ」と思い出すことが何度かあった。
家を離れてアメリカに来ているのに、思い出されるのは、はるか昔の10年以上前の
ことだったりするのが不思議だけれど。

あの頃聞いていた音楽は、自分が好きだったのもあるけれど、他の人に薦められたり薦めたり、とにかく、誰か他の人と共有していたりしたのが懐かしく思う。
それは、今、そんな特定の音楽を持っていないから余計そう感じるのだろう。

自分が好きだった世界はどこにいっちゃったんだろう。

そういえば、18歳の頃、よく聞いていたラジオのパーソナリティのことをとても大人だと思った。(その人は24歳だった)
そして、そんな自分も24を過ぎ、なぜか6つ上の相方と生活をしているわけだが、あの時、自分はどんなところに、その人が大人だと思ったのか、それが思い出せない。
[PR]
by stafy77 | 2007-09-22 12:26 | ひとりごと
<< 17日目 週末の仕事 15日目 アメリカの秋 >>