20日目

アメリカに来て、相方と娘と離れて生活することになり、今までとはライフスタイルが一変した。期間は数か月だし、帰国時期もだいたいはわかっているので、雰囲気的には出稼ぎの気分だけれど、家を離れてみるとこれまで当たり前だと思っていたことが当たり前ではなくなってしまうことにかなり戸惑う。

たとえば、家にいれば、夜は(帰りが遅いので)起きている娘に会えるかどうかやきもきしていたが、朝はお互い顔を合せて、少し早起きすれば二人で散歩に行くこともできた。

でも、家を離れてそれができなくなってしまい、感じることは、娘が父親のいない状況でどう暮らしているかというよりは、自分がいない間に、自分のことを忘れちゃったり、自分よりほかの人のことを好きになったりしないかなぁ。ということである。

相方はともあれ、2歳ちょっとの女の子に対してばかげていると思うのだけど、ネット越しに伝わってくる、じじばばの可愛がりようを耳にすると、これは嫉妬では、という感情に近いものを覚えるのも確かである。(自分が介入できない世界が展開されているからなおさらである)

父親としては、今は少しでも一人で頑張っている相方の不安やストレスを少なくして、適度にじじばばにもかわいがってもらい、うちの実家と相方の間の温度差で困っていることがあれば相方に見方するというスタンスを取るべきなのだが。

[PR]
by stafy77 | 2007-09-26 00:00 | ひとりごと
<< 21日目 汚い話 19日目 (そろそろハロウィン) >>