木曜日。博品館へ。

木曜日、会社が休みだったので娘を保育園に預けて銀座の博品館に行った。
(娘は今日はイベントがあるらしく、保育園いかなくちゃというようだった)

博品館で目的のシルバニアファミリーを見つけて、他、Qステアとひらがなポスターと共に購入。

予想はしていたものの、シルバニアファミリーは、展開する商品の数がすごく多い。
さて、どれにしようか。
散々悩んだあげく、基本の「家と人形ひとつと家具数点」セットにした。
これには、オプションの追加パックが売られていることから、基本セットだけではおそらく少々物足りないかもしれない。
シルバニアファミリーの世界を知っていれば、家族が多かったり家具や小物、着せ替える服が多ければ、きっと楽しいだろう。
自分は、「シムズ」というパソコンゲームが好きである。

これは、好きな家を設計して家具を置いてキャラクターを住まわせて、彼らにいろんな指示を与えて生活させるシュミレーションゲームだが、生活を模したおままごとに似ている。
(ゲームの中の住人は黙っていても勝手にやってくれるが)

うちの娘と最近遊んでいて思うのが、(パパと遊ぶときは)あまり生活感を展開してこないなぁということである。
お気に入りのぬいぐるみと遊んだとき、ご飯は食べるけれどあまり調理しない。
ぶーぶー(車)を出して来て、ぬいぐるみを車に乗せてお出かけさせるのが好き。

ただ、つみきで家を作って、「トトロ(ぬいぐるみ)のお家」とかはするから、
箱ものには興味を持つかもしれない。

もしかしたら、実際の生活が反映されているのかもしれないが、これは保育園にいる時間が長いから仕方がないことだろう。

女の子は誰でも好きなことが一緒なわけではない。

まぁ、今回は様子見で、遊びかたに応じて単品を買い足していけばよいのかな、というところである。
[PR]
by stafy77 | 2007-12-21 08:54 | ひとりごと
<< 羽田空港のツリー サンタさんに頼むもの >>