朝の風景

夜、寝る直前に娘が「パパ、起きたら「おなら体操」見ようね」といったので、朝6時に、「見ようか」と起こしたら跳び起きる。
(おなら体操とは、のだめカンタービレに出てきたお下品な歌の振り付けつきのDVDである)
○最近は、「ビデオ見る」が起きるのに1番効果的。日が延びたら、公園に散歩に行きたい

一回見て、他のおもちゃに手を出したので、着替えるように促す。普通に言っても駄目なので
「あれ、おかしいなぁ。赤い郵便車(おもちゃの名前)上手に着替え出来るかな~って見てるよ」と声をかけて着替えさせる。

ここまで約20分
余裕があればちょっと一緒に遊ぶ。もしビデオが長ければ、一時停止して着替えさせ、キリがいいところでやめる。
(ビデオの間はそのへんのおもちゃを片付けたり、朝の支度をしたりする)
ママの朝ごはんの支度が出来たら娘を洗面所に行かせる。
これは、最近はものすごく簡単になった。

洗面所行きの電車が発車すれば、手を引いて連れていくことが出来るからである。
本当は自発的なのがいいだろうけれど、とりあえず毎日ストレスなく実施できるのがいいだろうと思う。

ひょっとしたら、トイレも同じ方法で朝一に(なくても)座ってくれるかもしれないが、試していない。


食事は、自分は15分ぐらい、娘はもう少しかかる。
自分は7時に家を出るのに15分は必要だが娘はそこまでは急がない。
(最近はないが)大崩れすると7時でも終わらない。

体調や、食事の量によることかもしれないのでこの先は相方のタイミングに任せ、7時には家を出る。

これが、6時→7時体制になってからのライフスタイル。

通勤途中、公園でサッカーをするパパと息子をよく目にする。
それだけで、とっても素敵なお父さんに見えてしまう。
もう少したったら、また朝に娘と散歩に行けたらと思っている。
[PR]
by stafy77 | 2008-01-16 07:44 | ひとりごと
<< 帰宅時間 伊豆三日目 >>