火曜日 1600円の本に手が延びない

なんとなく立ち読みした本に、「私鉄の新型車両」
なるものがあった。
いつも使っている鉄道、実家の鉄道、いろいろ写真が紹介されていて、なかなか興味深かった。
家にある、娘に買った電車の絵本よりよっぽど面白そうだったので買おうかな?と思ったが、ふと思い直してやめた。
娘は、この本はあまり喜ばないかなぁ。という気がしたのだ。

娘は、電車に興味があるみたいだが、それは、実体験が伴っていたり、これから実体験するにあたり、より楽しめるように誘導しているものが中心である。

写真でしかみたことのないものに関しては、そんなに詳しくない。
写真だけでは、まだちょっと早そうである。
乗り物って、体験として、すごく印象強かったり、わくわくしたり楽しいけれど、逆に、乗り物以外への興味も、動機付けや実体験を通して持ってもらえるのでは、と思った。
[PR]
by stafy77 | 2008-04-24 07:39 | ひとりごと
<< 水曜日 漠然と仕事 月曜日 煩わしいと思うこと >>