こんな携帯のソフトが欲しい

携帯のカメラが突然こわれ、携帯の機能について、ちょっと考えた。

使えなくなりあらためて気がついたが、自分は携帯で写真を多く撮っていた。

昔撮ったのを見直すこともあり、一覧形式で見るのだが、これがけっこう時間がかかる。

そこで写真を中心とした、対話型エージェントソフトが欲しいと思った。

機能は、撮った写真の対話型カテゴライズ、場所、人、状況、コメント等の情報収集、および、エージェント(キャラ)が写真の感想を述べる機能、である。

実は対話型というのがキモで昔、インターネットで人工無能なんていう言語収集AIが流行ったが、今、身近なコミュニケーションの中心はパソコンから携帯に移っており、このようなエージェントは携帯に向きだと考える。


画像識別技術は最近流行りの顔認識を始めずいぶん進歩しているが、この識別を(擬似的に)人格を持ったキャラクターが、撮影者の絵を見てくれる、という図式にすると、なんだか親近感を感じる。

例えば、写真の一番左の人の顔を認識して「左の人は誰?」
って聞いてくるとか、そこで名前を入れたら、「あの時、一緒だったよね」とか返事してくれるとか。


エンターテイメントの部類としては、いいかなぁという気がする。

まぁ、忙しい人向きではないが。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-24 08:13 | ひとりごと
<< WACATE レポート その3... 嗜好の変化 >>