携帯を携帯する理由

お昼休み、たまたま携帯をもたずに外にでたら、たんぼの用水路をひたすら泳ぐかもの親子に出会った。
お母さんが一羽、それからちっちゃいのが9羽、
子供たちがお母さんにくっちいて群れるのは、それはほほえましい光景であった。

毎日の散歩じゃなけりゃ、遠足かハイキング、引越しかもしれない。

自分は、携帯を携帯しなかったことを、ちょっとだけ後悔したのだった。
でも、携帯を携帯していたら、その時写真を一枚とって、もしかしたらblogに載せるか、友達にメールを送るぐらいはしていたかもしれない。

カメラを構えると、その時、同じ空間を共有できなくなってしまう気がする。
[PR]
by stafy77 | 2008-07-15 20:53 | ひとりごと
<< 「もったいない」と買い替え 娘に必要 >>