カテゴリ:ニュース、イベント記事( 204 )

8日目 携帯の存在理由

Excite エキサイト : 社会ニュース

アメリカに来てから、日本にいるときほど携帯を気にしなくなった。
もちろん、ローミングはしていあるから、利用料金がべらぼうに高いことを除けは
使い勝手は日本と大して変わらないのだが、メールをすべき相手とは
基本的に非リアルタイムでPCからのメールでの連絡に切り替えてしまっているし、
家族と直接話したいときは、時間を選んでビデオチャットも使える。

エキサイトの記事は、携帯のメールで恋愛をする中高生が増えているとかいないとか。
まぁ、ある程度のヘビーユーザーを対象にしたアンケートだから、極端な話では
ないだろうけれど、「言葉」というのは「文字」にすると、ものすごく
情報量が少なくなってしまうものであり、それを想像力で補完するところに、
文字中心の恋愛の特徴があるように思う。
まぁ、普通に付き合っていてもそうだけれど、お互い自分勝手な想像を相手に抱いて
盛り上がるというか。。
でも、すれ違った時に、文字だけで誤解を解いているのか?
もし次にアンケートを取るとしたら、このへんも突っ込んでほしいな、って思った。

「好きだよ」なんてメールはすぐに送れるし(ちょっと恥ずかしいけれど)
悪いことをしたなと思った時に「ごめんなさい」のメールも送れる。
相手が好意的に受け取ってくれればいいけれど、「なによ、口(文字)ばっかり!」って
思った時に、やっぱり顔を突き合わせて話すことが大事だし、
それを乗り越えてカップルは成長するような気がする。

少し前にどこかで見た内容だけれど、
同じ情報先進国で携帯の利用方法を比較したときに、
アメリカでは携帯電話は、ほぼ通話目的で利用する。
韓国では、携帯は、通話とウェブ(メール)が半々ぐらいの割合で使われており
日本では、メールの利用が大半を占めるそうである。

曖昧な(想像を要する)メッセージと、ストレートな気持のぶつけ合いのバランス。
中高生のアンケートの例が、今後の日本の人間関係の温度を測るものさしとなるのか、
それとも、そこからまた違った人間関係が生まれていくのかは
今後、興味深いところである。l
[PR]
by stafy77 | 2007-09-14 15:15 | ニュース、イベント記事

「ー」

“コンピューター”と“コンピュータ”正しいのはどっち? | Excite エキサイト

コンピューターか、コンピュータか?
どちらにしても、最近、コンピュータってあまり言わなくなった気がする。
普段使っているのはパソコンって省略されているし。
パーソナル以外のコンピュータはそれぞれ違った呼ばれ方があるような気がする。

ドライバー/ドライバ
どっちでもいい気がする。
前者なら人に使うイメージ?
トラクター/トラクタ
前者
キャリアー/キャリア
違う意味になる

逆に伸ばさなくてもいいものをのばすと、それらしく聞こえるかもしれない。

コンニチハ/コンニチワー
オツカレサン/オツカレサマー
きっと、ERをつけたから何かをする人や主体なのだろう。

ダイスキ/ダイスキー
(ロシアっぽい)
[PR]
by stafy77 | 2007-07-11 23:55 | ニュース、イベント記事

ママからお母さんへ

「ママ」→「お母さん」への呼び名の変えどきは? | Excite エキサイト

自分は母親のことを、「お母さん」と呼んでいる。
自分と同じぐらいの年頃で、母親のことを「ママ」と呼んでいる人は
あまり知らないけれど、語感に、「お母さん」と違う印象があるのは
確かである。
うちの娘も、そのうち「お母さん」「お父さん」と呼ばせるように
なるのかしらん。

それよりも、家族において、相方のことを(今は愛称で呼んでいるけれど)
「ママ」「お母さん」「パパ」「お父さん」という立場の呼び方に
変わるのはどんなタイミングなんだろう。
自分はそれはしたくないと思っているのだけれど、阻止できるか、できないのか?

逆に、子供が自分のことを愛称で呼んでくる(くれよんしんちゃんのように)のも
どうかと思うが。。


そういえば、昨日と一昨日、久しぶりに保育園の送り迎えをして、周りの人に
挨拶をしたのだけれど、自分は
○○ちゃんのパパ、○○ちゃんのお父さん、
であった。
まぁ、それ以外に呼ばれようはないのだが。。
[PR]
by stafy77 | 2007-06-15 05:40 | ニュース、イベント記事

19日目(マイブーム)

あなたの「マイブーム」は?

マイブーム

今日は、次のプロジェクトについての話があった。
次のプロジェクトでまたアメリカに来るかまだ決めていないが、
アメリカに来ないにしても、仕事自体は続けていくことになると思う。

この仕事を始めて、映画を非常に見るようになった。
仕事で利用するソースに映画コンテンツがあるのが大きいけれど
業務外でも映画を見ることが多くなった。
ホテルに戻ってテレビをつけるとたいてい映画をやっているので
ついぼーっと見てしまう。
当然、言葉は英語で字幕もついていないけれど、画面を見ていると
なんとなく言っている意味とか話の筋がわかることもあるし、
言葉がわからないならわからないで、こいつかっこいいなぁ。とか
この人かわいいな。という感覚で映像を見ることも増えた。

言葉がわからないと、声がかわいい人の言葉をうんと聞こうとする。
言葉がわからないと、恋愛のシーンの言葉をうんと聞こうとする。
(二人の会話がかぶらないで適度に間があるのがちょうどいい)
言葉がわからないと、実はホラーはあんまり怖くない。
言葉がわからないと、話の筋をネットで調べることが多くなった。

映画とかドラマはおもしろいけれど、目が疲れるのが問題である。
[PR]
by stafy77 | 2007-06-07 13:05 | ニュース、イベント記事

電車の中でものを食べるという行為、の件

電車の中でものを食べるという行為、の件 | Excite エキサイト

エキサイトの話題より。
TPOに合わせるということができない人がいる。
電車の中でものを食べることがいいことが、悪いことか、
判断ができないなら、
すべての電車に「食事可能」「食事不可」のプレートをつければいいかといわれれば、
いくらなんでもそれは暴論だと思うだろう。

電車でも、長距離列車はよくて、通勤列車はだめ?
ロングシートはNGでクロスシート(4人掛け)はOK?
飛行機なら、匂いが少ないものはOKで、多いものはだめ?

いちいち○と×とつけなければいけないのはちょっと馬鹿らしい。

大事なことは、
一つ目は、まず場の雰囲気を察すること。
(これはありとあらゆる場所において大事)
二つ目は、自分の基準より周囲の基準が1レベルぐらい高いと考え、(他人を思いやり)
それに従うこと
三つ目は、周囲の基準が自分の基準より1レベルぐらい低くても、
そんなに気にしないこと(お互いさまということもある)
四つ目は、必要に応じてコミュニケーションをとること。

広島から戻る飛行機には、テイクアウトのお好み焼きを持って入る人が
結構多い。これが、またすごい匂いがするものだけれど、
食べる前に、左右の人に「食べていい?」とか聞かれると
(まぁ、いやでも、嫌とは言えないけれど)そんなに悪い気がしない。
コミュニケーションは、ある程度、溝を埋めてくれるきがする。

理想論ではあるが。
[PR]
by stafy77 | 2007-06-04 11:32 | ニュース、イベント記事

13日目(アメリカと煙草)

Excite エキサイト : 社会ニュース


自分は、煙草を吸わないけれど、アメリカに来ている同僚のには煙草を吸う人もいる。

ここに来てから、現地の人で吸っている人を本当に見かけない。
こちらでは煙草はオフィシャルな空間ではあまり吸うものではないようで、
喫煙場所があるとしたらたいてい屋外である。

煙草を吸う同僚は、その場所にちょくちょく出向き煙草を吸っている。
そんな時は、誰かと一緒に出向いたりするのだけれど、
吸える時間場所が少ないので、必然的にそこに立ち止まることになる。

個人的には吸っている人がとても嫌いということはない。
個人的には(のどが痛くなったり服ににおいがついたりするのが嫌なので)
密室で一緒にいるときに煙草を吸われなければ、吸っている人のことはなんとも思わない。

ただ、煙草を吸っている人同士が「つるむ」ことに
あまり馴染めない。
[PR]
by stafy77 | 2007-06-01 11:52 | ニュース、イベント記事

<美しい国>

Excite エキサイト : 政治ニュース

<美しい国>日本の魅力は精神面?政府会議がアンケート

という見出し。
日本の魅力、なんだろう。
自分の持っている日本のイメージは、やっぱり日本語である。
人と人とを繋ぐ微妙な言い回しができるのは、決して強い言葉ではないけれど
日本人の好む人間の距離感というのを上手に表しているのかもしれない。

精神論になってしまうと、自分は沖縄から北海道まで、すべての人が
同じ精神を有しているかイマイチわからないので、それが日本を代表するかどうかは
わからない。

外国の人を日本に案内する時も、自分の住んでいた町を案内はできるけれど、
北海道や沖縄の人が自信を持って「京都」をお勧めしたりはしないだろう。

外国で武士道なんて言って、確かに日本では柔道や剣道が割と根付いているけれど
それが国を代表するかといわれたら、逆に日本にいる人のほうがぴんとこないかもしれない。

たとえばアメリカ人は、自分の国が世界の中で一定の地位を持っていることに
誇りを持っている。(だからそれを守るための力を惜しまない)
でも、日本人は、自分の家族や地域に対しては愛着はあるけれど、
それが国となった時に、あまり国民というアイデンティティを意識しない。
(税金や保険など、制度内にあることは別として)

国民に「美しい国」なんていう抽象的な言葉を投げかけても、
はぁ?って思ってしまうのは、そのあたりから来るのだろう。
「技術立国」とか名前をつけて、先進技術に国がものすごい投資をするとか、
同じように福祉に対して力を注いでみるとか、
そういうことを国の施策と国民の意識「誇り」をマッチングさせたら、
国民というアイデンティティは強まるだろう。)

でも、、逆の発想をすると、日本は、そこまで国民が
「国」のアイデンティティを押し付けられない、珍しい国なのかもしれない。
国同士の関係でいったら、国民が国に興味がない変な国なのかもしれないが、
国という枠組みを超えるとき、
まぁ、日本国民たる由縁は日本語文化にあるんじゃない?
ぐらいに留めつつ、国に必要なシステム(そこに住む人の生活に必要なシステム)
が稼働しているというのは、新しい形になりうるのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2007-05-31 15:31 | ニュース、イベント記事

お父さんの子供との接触時間

Excite エキサイト : 社会ニュース:<少年意識調査>父親の4分の1、平日の接触ほとんどない

エキサイトのニュースより
小学校4年生から、中学校3年生までの父親の4分の1が平日の接触がほとんどない
との調査結果が出たとのこと。

思えば、自分が同じような年代のときもそんなに父親と接触はなかった。
むしろべったりでなかったのを普通に思っていたような気もする。
自分はその時、何を悩んでいたんだっけなぁ。。
家族に相談とかはしなかったと思う。

昔との比較がないからわからないけれど、今になって全体として接触時間が
急激に減っているという(自分のイメージ)印象はないけれど、
この記事でいうと、
父親も、子供との接触時間を多く持ち悩みを聞かないと、ということなのだろう。

今の自分の生活は
日中13時間、家を空け、家にいる残りの時間は、娘のお世話が半分ぐらいなので
接触時間が特に少ない印象はないけれど、
これで帰りがもっと遅くなり、子供が自分でなんでもするようになったら。
お互いに家にいる時間でも、なにかきっかけがないと、話すことってないだろうなぁ。
でも、それは相方とだって同じことである。

お互い好き同士からはじまった。切れない家族の縁とはいっても、
いい関係を維持するには「お互いの」時間創出努力が必要ということだろう。

まだ我が家は子供のお世話もあり、家に帰れば、「今日はこんなことがあった」と
話している時間があるので大丈夫だと思うが。

そういえば、まったく、テーマが変わってしまうが、
自分が、最近妙に「ロボット」づいている理由の一つ、、
というか、調べていて発見したページですごくいいな。と思ったページがある。
それは、
こうしろうのMindStorms日記

というページである。
マインドストームはレゴブロックを使って作る、非常に奥の深いロボットであるが、
1999年に、小学校五年生の「こうしろう」君のためにお父さんが
マインドストームを買ってきていっしょに作り始めてから、現在2007年まで
記事は続いている。
もちろん、子供とのロボット製作はメインではなくなっているが、
この記事をずーっと読んでいくと、息子とお父さん(さらに娘さんも登場する)の
成長する過程が面白いし、自分も子供と、こんな楽しい時間が持てたらなぁなんて
うらやましく思う。
[PR]
by stafy77 | 2007-03-04 06:46 | ニュース、イベント記事

テクニックの本

合コンで恋が実らないと嘆く人、必見! | Excite エキサイト

最近、暇な時間に本屋さんを歩くことが多い。
本屋さんに行くとびっくりするのが、ハウツー本の多さである。

技術的な本から、マナーなどが書かれている本から、具体的な成功事例、
あとは、割と抽象的、と思われる本までさまざま。

こんなにたくさんの本があって、、いったい自分は何の本を手に取ればいいんだろう。
だいたい目立つところに置いてあるのは、話題の本とか、おすすめの本である。

自分がどんな本を必要としているかは、自分の心に聞いてみるしかない。
でも、心に迷いがあるから本を手に取る気持ちが生まれるわけで、、
もし自分の声が本当に聞こえるなら、世の中のハウツー本なんて、
半分ぐらいは必要がなくなってしまうのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2007-03-02 23:34 | ニュース、イベント記事

育てるということ

Excite エキサイト : 社会ニュース

2歳の子供をほったかしにして死なせてしまった母親のニュース
うちにも小さな子供がいるので、このような事件は本当に胸が痛い。

いままで2歳まで育てる間に、一日ほったらかしで不安になるようなことは
なかったのだろうか。そんなに手のかからない子供だったんだろうか。
きっと、、「我が子は手のかからない子供だから」
最初の数時間は大丈夫。ご飯を置いておいても大丈夫だから、一日、、
という風に、子供を過信した無常識とか
居ないときの、想像力不足があってのことだと思うが。。
(子供が泣き叫んでもぜんぜん気にならない!とか愛情がないというのは信じたくない)

まぁ、2歳の子供を丸一日だったら、誰が見ても無常識、最低の親を疑われて
仕方がないと思うが。。
これが、3歳だったら? いや、5歳だったら?
ひょっとしたら10歳でもありうるかもしれない。


我が子は、もう1歳7ヶ月。
1日置いて出るなんてそりゃぁ考えもおよばないけれど、
例えば、台所に立っているとき、PCに向かっているとき、
娘に背を向けていることがある。(何十分もぶっ通しではないが)
極力、娘の行動範囲には危険なものはないようにしているが、
もし、何かがあったら保護責任者遺棄になってしまうんだろうか。
[PR]
by stafy77 | 2007-02-21 05:44 | ニュース、イベント記事