カテゴリ:出来事( 152 )

雨上がりの空

a0006436_1630302.jpg

空気が洗われた東京の空
地上から遠くなればなるほど美しいと感じるのは、
気のせいだろうか。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-20 16:30 | 出来事

3月31日の電車

3月31日の朝の山手線は、なんだか異様に空いていた。
学生が春休みに入ってから、電車に乗らなくなり、
サラリーマンもこころなしか少なく感じる。
毎日の通勤時間帯、話をするものはほとんどいない。

これから遊びに行くのだろうか。
通勤慣れしている男の子と、この時間に電車に乗ったことの無いような
カップルが手を繋いで乗っていて、
「やだ~、混んでるよ」
「おまえ、こんなの混んでいるうちにはいらないの。恥ずかしいから大声出すな」
と、たわいのない会話をしているぐらいだ。

この電車。
4月を過ぎたら、新人さんが大勢乗り込んできて、
降りる駅なのに、車内奥深くに引っ込んでいたり、
ばたばたと駆け込み乗車をしてみたり。
仕方がないのだが、通勤時間帯に混乱期が訪れる。
でも、それも5月を過ぎる頃には次第に収まり、、
梅雨の時期には傘の持ち方もわきまえるようになっているから不思議だ。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-01 02:08 | 出来事

ミシン、買いました!

ついに、ミシンを買ってしまいました。
3万円もしない、安価なものですが。
これで、快適な縫い物ライフが過ごせそう。

創作意欲がもりもりわいてくるといいんですが。

試しにぞうきんらしいものを1枚作ってみましたが、、
30センチの直線をまっすぐに書くことすらできない自分にとっては、
ミシンといえどなかなか難儀なものです。。
[PR]
by stafy77 | 2006-03-29 20:48 | 出来事

チケット

a0006436_2001250.jpg

生協で頼んだチケットが来た。
正直、生協で頼めることにも驚いたが。

相方は嬉しそうだった。
ちなみに自分は、顔と名前と配役が一致しません。

みんな同じに見えてしまいます。
[PR]
by stafy77 | 2006-03-28 00:00 | 出来事

お休みの過ごし方。

相方の前で、軽々しく
「~に行こう」は言わないは禁句ですが、
ここのところ、お休みの度にどこかにお出かけしています。

先週の休みは、実家に帰るついでに、横浜のコスモクロック(観覧車)に
娘と三人で乗ってきました。

昨日は健康診断のついでに、お台場の大観覧車に娘と三人で乗ってきました。

次は、葛西の観覧車に娘と3人で?
さすがに今日は、行きませんでしたが。
(ちなみに、二人ではすでに3つとも乗っていたりします)
[PR]
by stafy77 | 2006-03-12 23:15 | 出来事

満員電車と遊び歌と

通勤途中。
混雑度10段階評価中7(身動きは取れないが手から離れた鞄は床に落ちる)
ぐらいの、かなり混み合った車内。サラリーマンばかりの空間に、ちょっと意外な声を聞いた。
「いっぽんばし~♪」
「階段のぼって♪」(略)
小学生ぐらいの子供数人の声だ。
車内は混雑していて振り返って見ることは出来ないけれど、男の子と女の子がいるようだ。

声は、座席のないところから聞こえる。
こんなに混んでるのに、どうやって「いっぽんばし」を遊んでいるんだろう。
ちょっと不思議になった。

「いっぽんばし」は、腕を使っう遊び歌だけれど、数日前、たまたま相方が、いろんな遊び歌を調べていて(娘を遊ばせるので)それで、自分も思い出したのだ。

この車内、子供の視線は大人の肩から下だ。周囲はほとんど見えないだろう。
でも、鞄が落ちる、ということは、その辺りに空間があるのかもしれない。

大人からすると、死角になる部分だが。
[PR]
by stafy77 | 2006-03-10 08:27 | 出来事

久里浜 花の国に行ってきました。

横須賀 くりはま 浜の国に行ってきました。
関東地方は神奈川面、眼前に房総半島を望む、
三浦半島のはじっこのほうです。
フェリーがでるところとしても、有名です。


横須賀くりはま花の国

この時期、あまり多くの花には出会えませんでしたが、
ハーブ園付属の料理屋さんで、おいしいパスタを
頂いてきました。

a0006436_23203216.jpg

[PR]
by stafy77 | 2006-02-25 23:20 | 出来事

しまった!(傘を忘れた)

午前7時30分現在。
東京の天気。薄日。
予報、お昼、夜と雨。

しかし、うかつにも自分は傘を持って出るのを忘れてしまった。
言い訳ではないが、傘というのは持ち運びの扱いが難しいアイテムのひとつだ。
長細い、先が尖っている、濡れる。
傘を裸で持とうとすると、混んだ場所では必ず人に迷惑がかかるだけでなく、自分も手が一つふさがるので、不便だ。
ちなみに、鞄なら、立てば肩にかけられるし、座れば床か膝の上なので、なんら持ち運びに苦労しない。

傘、、この形状に近いもの。それはカタナだ。
カタナは、当然のことながら鞘にいれて持ち運ぶ、鞘は脇差しとかあるいは、背中につけて両手が開く状態で持ち運ぶことができる。

傘につけるホルダーは、メンテの手間を惜しまなければ便利かもしれない。
今の日本で昔と同じように、腰とか背中につけてしまうと、場所をとってしまい迷惑なのと、「座る」という状況に対応できないので、鞄とおなじ、肩掛けが便利だろう。
ただし、もう一つだけ工夫をしなくてはいけない。
それは、車内などで座ったときに、当然傘は膝より外側に立てて置くことになるのだが、、普通に裸の傘を持つと、案外これが楽ではない。
傘がちゃんと垂直に立っているか、前の人の服を濡らしていないか、気を遣うことが多い。
これを回避するために、ホルダの底には垂直固定スタンドのようなものをつけて、足を載せることで傘を垂直に固定する。肩ベルトも体から外さなければ座っているときに傘を持つ必要はない。
きっと便利だ。
なんて、ごたごた言う前に、折り畳みをかばんに入れて置けば、という声が聞こえてきそうだ。

ごもっとも。
[PR]
by stafy77 | 2006-02-20 07:57 | 出来事

千葉のイチゴ狩り

今日は、千葉でイチゴ狩りをしてきました。
事の発端は、、、昨日会社の昼休みぐらいに、相方に
「明日、明後日仕事ないよ~。イチゴ(絵文字)食べに行く?」
と、、メールをうったこと。
さらっと言ったお出かけ計画をあっという間に実行にうつしてしまう
相方には特有のセンスがあります。

a0006436_20281055.jpg


イチゴ狩りには、土に植えてあるところと、水耕栽培のようなところがあって、
水耕栽培になっているところはたいてい棚のつくりになっていて、
ベビーカーや車椅子でもイチゴ狩り可能なのですが、
今回の所は、土に植えてあるところでした。
赤ちゃんをだっこしつつ、イチゴを食べるというのは結構大変で、
今までに比べれば、かなり遠慮をしつつなイチゴ狩りになりました。
とはいっても、、おなかいっぱいイチゴを食べるなんて、、、
一年に1回ぐらいで十分です。
[PR]
by stafy77 | 2006-02-18 20:32 | 出来事

法事

明後日相方実家の法事のため、急遽(でもないが)明日広島に向かうことになりました。
新幹線で6時間、そこから内陸に1時間半の距離。

一人だし、たまにはのんびり行くかと新幹線の自由席の切符を買ったら、急遽、お昼のお誘いが。。

始発以外間に合わん。
始発、座れるんだろうか。それ以前に、、
起きれるかなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2006-02-10 23:51 | 出来事