<   2005年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

子供の幸せのために~。胎教、英才教育(の宣伝)

赤ちゃん雑誌をめくると良く出てくるページ。
それは1ページだったり見開きだったりだけれど、どれも、きらきらした目の、賢そうな赤ちゃんの写真(イラスト)と一緒に、「賢い子供にするには?今からが一番!」のような文句がずらりと並んでいる。

要は子供相手の教育の宣伝だ。

これを見るたびに、「そんな(親の)都合のいいようにいくんかい」と突っ込みを入れたくなるのだが、「すでに××人が△△に!」って書いてあるのを見ると、うちも、やらせないと周りについていけないわって恐怖心を煽られて高い買物をする人も多いのだろう。
決して、そういう教材を否定しているわけではないし、信念を持って子育てをする人が使えば、効果はあるんだと思う。

今、信念という言葉を使ったけれど、このような教育(子育て)法にいまいち賛同できない(もしくはそこにお金をかけたくない)自分が、他に信念を持っている教育のノウハウを持っているかといえば、そうでもない。
高い志を持って取り組めば、きっと結果は出るのだろうが、なにしろ相手は自分ではない。
今は、共存出来て、お互いそれぞれ幸せだったらそれでいいと思うんだけれど、甘いのかしらん。


そういえば、時々、電車のつり広告で目にする「灯台」という雑誌も、親心をくすぐりそうな演出のコピーが書いてあって、上手だなぁって思ったことがある。

実際に雑誌本文を読んだことがないので、それ以上はわからないが。。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-31 22:31 | 問題解決

言葉で綴る、最近の気になる風景。

もし、綺麗に撮れるデジカメをもっていれば、シャッターを押したかもしれない、そんな風景。

1#
先日、相方が調子が悪なって夜、時間外に行った夜の産院。

相方が診察を受けている間、一人、真っ暗な待ち合い室の一番後ろの椅子に座っていた。決して広いとはいえない部屋の角には、自動販売機があって、暗闇の中、そこだけ素っ気ない蛍光灯の光りに照らされている。そこには、さりげなくおかれた電話台に、今は見掛けることも少なくなった公衆電話。ちょっと腰掛けて使う、背の高い丸椅子がライトアップされている。
小さな公衆電話スペース、
昼間は、通院する人は電話がしたくなれば、携帯片手にさっと建物の外に出てしまうけれど、この建物に入院している産前、産後の人が、夜にこっそり病室から降りて来て、誰か、愛おしい人とたわいもない話しをする、、そんなひそやかな場所に思えた。


2#

雨が音を立てて落ちる。建物を出たとたんに、あぁ、この道を帰るのか、と思ったその時、不思議な光景を目にした。
植え込みの中にあるライトアップ用の照明。ここからもやが上がっていて、ゆらゆらと光りに陰影を添えている。

最初、おっ、こ洒落た演出だな、と思った。
しかし、それは誰が演出したわけでもなく、ライトの表面にかかった雨水が、光の熱で温められて湯気になっているだけなのだった。

ここに照明を置いた人は、そんな様子までをイメージしたのだろうか。。


光と闇の陰影は、人を引き付けるものがあるのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-30 22:27 | ひとりごと

2ちゃんねるを夫婦で見る・・・(チャイルドシート、ビデオカメラの検索・・・)


 とても何気ないことなのだが、、
 たまた、相方のPCでネットを見ていたときに、
 相方が、チャイルドシート、これがいいと思うんだけれど、、、って
 メーカーと型番を言って来たので、
 いつもの調子で、販売しているHPを開き、
 さらに、いつもの調子で、2ちゃんねる
 (適当な閲覧ソフトがなかったので、ホットゾヌを、ささっとインストール、設定して、

 該当カテゴリを見ようとしたら、
 後ろから、相方が覗き込んでいて、いつのまにか一緒に見ている形になってしまった。

 育児版のチャイルドシートのところだけをささっと検索して、
 他のページをなるべく見ないようにして、

 それでも、「変なことが書いてあったら嫌だなぁ」って思いながら、
 書いてあることを見ていたのだが、
 これで、相方が暇なときに、勝手にソフトを起動して、、(べつにウェブを開けば
 ソフトを立ち上げる必要はないが)
 いろんなページを探索するようになったら嫌だなぁ、って怖くなってしまった。

 まるで、子供のウェブページ閲覧を制御したくなる親の気分だ。。
 
 まぁ、お互いに分別ある大人だし、、
 自分も今まで散々2ちゃんねる見てるわけで、
 人のことを言えたものではないが・・・・

夫婦で仲良く2ちゃんねる、、、って有りなんだろうか
[PR]
by stafy77 | 2005-05-29 21:17 | 相方、子供、生活

母親(両親)学級に参加する男たち

先日、電車の中で何気なく見た風景。
体育会系の若い兄ちゃん二人組みで、片方(たぶん先輩)がもう片方に、
自分はお酒が飲めないことを話している。
「俺さぁ、夜間の高校で保険の先生に教えてもらったんだけど、
お酒飲めない人は、アルコール分解する酵素が体になくって、
少しでもあれば、飲めるようになるんだけれど、全くないと、いくら飲んでも強くならないらしいのね。
それ聞いて、それまで何度も飲んでは吐いたけれど、あきらめたわ。」

お酒飲めない話はその後もずっと続いていたのだが、
これを聞いて、学校で勉強をして何かを覚えるというのはこういうことなんだなぁと
思ったのだった。


さて、今日は、相方と一緒に「母親学級(両親学級)」なるものに参加してきた。
「学級」というからには一種の授業なるものだろうが、授業を受けるなんて、
大学を卒業してからむちゃくちゃ久しぶりのことだ。

話によると、これから子供を産む女の人は、必ず受けないといけないらしい。
そして、立会い出産を希望する男性も、受けないといけないらしい。

実際は、10組中8組ぐらいがカップルでの参加だった。
すべての人が立会い出産をするかどうかはわからないが・・・

内容は、半分が、栄養学的な話(スポンサーの食品会社の人が講義をしていた)
そして、入院してから、赤ちゃんが出てくるまでの流れの話と、
呼吸法のビデオを見てから、みんなで移動して、産院の施設の案内。

自分たちは、一番前に座ってしまったので、産院の案内をするところまで、
他の人の表情もろくに見ていなかったのだが、
女性陣はにこやかな顔をしていたのに比べ、男たちは神妙な表情が多かった気がした。
まぁ、積極的に来ていることも少ないわけだから、仕方がないが。。

病院の施設…
相方が一度入院しているので、大体のところはわかっているつもり、、
が、新生児室と分娩室の開いているのを見るのは初めてだった。

分娩室のところで助産婦さんが、「立会いの男性は、ここに入って、こちらがわから
カメラを回して頂いても結構です」
という話をして、
子供が産まれるところ、、(直にというよりはお母さんの表情?)を
カメラのレンズ越しに見ている自分というのが妙にクールに思え、違和感を感じた。

出産の様子をビデオにとるのは、お父さんの初めての仕事なのか?!

まぁ、いざその段になったら、ただ、手を握っておろおろしているだけなんだろうなぁ。。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-28 20:42 | 出来事

「モノ」が壊れるとき、、電化製品


 最近、PCの調子がおかしい。
 普通に電源を入れて、普通に使っているのに、
 突然、モニターへの信号が切れる。
 ぶちっという音とともに、画面が消え、少し待っていると復旧する。

 調子が悪いときは、本当になにも出来ないぐらい調子が悪いし、
 調子がいいときには、この症状はまったくでない。

 特定のソフトウェアを使った時ではないので、
 何か、ハードウェア的なものと、ウィンドウズの画像出力のあたりが、
 調子がおかしくなったのかな?とは思っているが、
 とにかく、今はだましだまし使っている感じだ。
 いつか、急にぶっつり壊れてしまうかもしれない。

 思えば、昔の家電というのは、調子が悪くなってから、完全に壊れて使えなくなるまで
 結構時間がかかった。
 
 テレビなら、、最初は綺麗に映っていたのが、だんだん映りが悪くなって、
 チューニングとか、あれやこれやといじったり、
 そのうちに、角にひじ打ちしないと映らなくなって、、
 最後には、まったく映らなくなる運命。

 換気扇や冷蔵庫なら、時々、変な音がするけれど、しばらくすると元に戻る。
 そして、だんだん音がひどくなり、止ってしまうのは、たいてい、真夏。。。

 もっと、新しい電化製品(モーターではなく半導体を使ったようなもの)は、
 突然電源が入らなくなって壊れることが多い。
 そして、普通の人には治すことが出来ない。
 こういう突然死を遂げる家電製品は、あまり人間的ではなく、
 自分はあまり愛着は沸かない。

 しかし、ソフトウェアを使って仕事をさせるようなパソコンの壊れ方は複雑だ。
 (これには、ハードの死と、ソフト(OSなど)の死の二つがあると思うが)

 ウィルスに入られたなど、最初は、どこかおかしいな、と思っていたのが、
 たちまち、増殖して、OSが破壊されてしまうこともあるし、

 HDDのどこかが壊れたのが致命的なエラーの引き金となって、
 次々とシステムがおかしくなっていくこともある。

 こんな風におかしくなっていく様は、とても人間的だと思う。
 ウィルス、、ワクチン、、、
 人間を相手にする言葉を使っているというのもうなずける。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-27 23:40 | テーマ:ハイテク小物

冷凍庫というコレクションボックス

いろんなものを冷凍庫に入れるのが好きだ。
冷凍庫は、自分の第三の宝箱だ。。

そんな中身のごく一部は、、、

1、ハーゲンダッツのアイス
(季節限定など、常に2個を常備。たまに相方に食われる)
2、LOOKシリーズ
(チョコレート。100円としては、非常にコストパフォーマンスがよい。場所もとらない)
3、プリングルス
(ポテチ、これは相方は決して手を出さない。場所を取るのが難点)
5、ポッキーの類
(チョコ系の何かをコーティングしてあるスナックは、相方も良く買う。しかし、目の毒になるため、冷凍庫に移動。案の定二つ三つは溜まっている)

6、風船のタコ
(その昔、食事をした所で芸人が作ってくれた。冷凍庫だと長持ちするらしい。しかし、歳を経てくしゃくしゃとなり原型を留めていない。何故あるのか疑問)

7、カレーの残り
(重要かつ、冷凍庫に存在するのに相応しいアイテム。冷凍食品とこいつがあれば、こいつを先に食う。何故かタッパーではなくどんぶりに入っていることが多く、相方は不満たらたらだ。

8、冷凍食品の数々
(消費は、お互いどちらかが忙しい時に集中するが、購入は、安い時。相方が元気だとなくならない。パスタ、たこやき、ピラフなど)
9、肉と魚
(あっても、忘れられている存在になっていることが多い。安い食材を買うのは好きだが、冷凍庫に直行するものは少ない)
[PR]
by stafy77 | 2005-05-26 23:55 | 問題解決

血液型占いはあまり信じないけれど

血液型占いはあまり信じないけれど、O型の人は淋しがり屋さんが多いような気がする。
身近な所にO型の人が何人かいるが、みんな、一見、我が強いように見えて、心の底では淋しがりのような気がする。

その筆頭が相方だ。
彼女がなんで今、自分なぞと一緒にいるのか、、それは世界の七不思議の一つに数えてもいいくらいだが、相方は、自分から見ると、我が強くって自己完結しているように見える。一緒にいる時間はとにかく一緒にいたい、、など。

それは、「一人の時は一人なりに、煩わしくなくっていいじゃん」って思う自分とはある意味正反対で、
相方の場合、特に好きなことしているわけでもない一人の時間は、ひょっとしたら、しんどい時間になるんじゃないのかなぁって思う。

自分が側にいれない時ほど、自分を必要としてくれる、なんて考えるとちょっと心が痛くなる。

それにしても、相方は子供が出来たら、時間の許す限り、母子べったりになるかもしれない。

そして、相方の信じる聞こえのよい概念「父親らしさ」「子供らしさ」を、求めるようになるんじゃないか、そんな気がする。

相方のそういうセンスは好きだし、実際自分は持っていない考えはとても参考になるのだが、、きっと自分は「~らしさ」を演じることには、ゆるやかに抵抗をするだろう。

例えば、相方的考え「子供の将来を考えて、小さい時から音楽を習わせる」のはすごくいいことだけれど、自分はそれよりも、自分自身が音楽が好きで、曲を聞いたり、楽器を演奏したりして楽しむ姿が子供の目に映る方が、何倍も大事だと思う。

こんな風に、子供は自分と相方のバランスの中で育つのかなぁ。

まぁ、なるようになるだろう。


昨日、ちょっと後ろ向きな事を書いたので、今日は少しは前向きに^^
[PR]
by stafy77 | 2005-05-25 21:45 | 相方、子供、生活

相方との関係で、不安に思うこと~テレビ見てごろごろ~

よくある奥さんの不満で、
「平日は帰りが遅い旦那、せっかくの休日なのに、
 力尽きたせいか、一日中家でごろごろテレビばっかり」
というのがある。

奥さんの気持ちとしては、、こんな感じだろう。
平日一生懸命仕事をしていて疲れているこの人は休ませてあげたい
でも・・・

この「でも」の部分には、旦那さんが以前とは変わってしまったことへの
不満がある。

旦那さん自身は、変わらなくても、奥さんから見たら、
目に入るのは、ほとんど、疲れてごろごろしている姿。

あれ、彼ってこんな人だったっけ?
ということになるわけだ。

今、自分が家に帰ると、ほとんどの場合、相方は家で横になってテレビを見ている。
もちろん、相方も仕事をしているし、相方より帰りが遅い自分のために、
フルセットで料理することは多くはなくても、必ず食事を用意してくれている。
それに、何よりも、身重な立場だ。
これらのことは、十分にわかっているつもりだ。

でも、これから育児休暇に入り、日中はずっと家にいるようになると、
(もちろん自分は一緒にはいれないが)
相方は、一人っきりの部屋でいったい何をしているんだろうか。

やっぱり日がな一日、家でごろごろテレビを見ているんじゃないかと、
不安になってしまう。

別に、自分はテレビを毛嫌いしているわけではないのだが、
どうも、育った環境が違う成果、相方とはテレビに対する意識がかなり違っていて、
相方は、別に見るつもりがなくても環境として家に音がなければテレビをつけるのに対し、
自分は、帰ってきた部屋が静かで嫌なら、ラジオ(特に音楽もの)をかける。
テレビは、見たい番組があるときは見るけれど、意識して見ていないとき、
単なる邪魔な存在だ。
というわけで、テレビに対する意識はかなり相容れないものがあると思う。
相容れないから、というと違うのかもしれないが、
うんと小さな子供に対して、
テレビがつけっぱなしと言う環境は果たして良いのだろうか。

小中学生が携帯をもつ影響じゃないけれど、
自分が子供の頃にそういう環境ではなかったからわからないのだ。

そのあたりも不安になる。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-24 22:17 | 相方、子供、生活

一ヶ月の決意

人間は、「忘却」という能力を持っている。
たとえ、その人がとても対応できないような出来事(例えば親しい人との別離など)に遭遇したとしても、最初は、悲しみのあまり泣き叫ぶことがあっても、時が経てば、自然に意識の表層部分から、自分でも制御できない心の奥底に記憶は落ちてゆく。

専門家の調査によると、この期間は一ヵ月から数ヵ月だと言われている。

もちろん、この時点で記憶を失ってしまうわけではないが、意識の上にあるうちに、上手に感情を整理できないと、その記憶は無意識のうちにいろいろとその人に影響を与えるようになるそうだ。
悪夢や、原因不明の体調不良など、いわゆるPTSDというやつだ。
(最近、混同されることも多いが、事件直後に精神的に影響を与えるのはASDという。もちろんこの時期にPTSDの対策が必要なのは言うまでもない。)

さて、このような忘却のメカニズムは、何も重大な、悪い出来事に限った事ではない。
ちょっとした失敗体験、成功体験でもおこりうるし、嬉しい出来事や、決意、恋愛の感情でも、感情がオーバーフローした時にはおこりうると思う。

勝ち癖、負け癖、というのがあるが、
自分でも意識できない心の奥底に、自分の心を作っている部分があって、表層意識というのは耐えずその部分の影響を受けているというのは興味深い。

さて、なんでこんな事を急に思ったのかというと、ちょうど自分が新しい環境に入ってから、一月半ぐらい経つからだ。

自分はよくも悪くも、ただ慣らされていないだろうか。

僅か30日前の感情はうまく自分の無意識の部分に取り込まれただろうか。

無意識に入る前から、普段から意識しなさすぎっていうのはあるんだけど。
[PR]
by stafy77 | 2005-05-23 19:56 | 問題解決

薬の効果は?「ウテメリン」


 相方がまた、調子が悪くなった。
 やたらにお腹がはって、立っているのもしんどいらしく、
 昨日は、ずっと横になっていた。
 お腹が張るのは、妊婦さんには、普通にあることだそうだが、、
 あまりにもしんどいので、病院に電話したら、、

 「ひょっとしたら、入院するかもしれないので仕度して来てください。」
 っていう話になって、、
 うーん、、これは、思ったより大事になるかもしれない。
 
 急いで病院に行って、(入院セットは出来ていた)
 お医者さんに見てもらい、心拍やら、お腹の張りを調べる測定などをした結果)
 
 今は、大丈夫みたいですが、念のために薬を出しておきますね。

 ということで、「ウテメリン」という薬をくれた。
 
 見ると、切迫流・早産治療剤(妊婦専用)と書いてある。
 そりゃ、その通りなのだが、、

 産婦人科で使われる薬


塩酸リトドリン

 効果(副作用)は、書いてあるから見ればわかるが、
 どうやったら体にそういう作用をもった成分を調合するんだろう。。

 そして、この製品名をつけたのはどんな人?
 ひとつの製品に対しても、きっといろんなストーリーがあるんだろうなぁ。

 まぁ、せっかく入院せずにすんだことだし、産休まであと3日!
 のんびりしてください^^
 
[PR]
by stafy77 | 2005-05-22 09:29 | テーマ:健康