<   2005年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

「いま、会いにゆきます」を読みました。


なぜか、親類から「いま、会いにゆきます」のDVDと本を頂きました。
相方が動けないから、見て楽しんでねということかな。

どちらから先に見ようかと悩んだのですが、
最初は本にしました。
本の方が、言葉から頭に浮かぶイメージを大事にできると思ったから。

というわけで、映画についての知識はほとんどゼロ(DVDの表紙と、
映画のポスターを覚えているぐらい)の状態で、読後感を書きます。

あらすじは、、一言だと、
主人公と息子の前に、死んだはずの奥さんが帰ってくるお話

一つ一つの言葉が短くって、でもなぜか「間」を感じる雰囲気。
それが、ちょっと哲学の言葉っぽくて、あっさり読めるけれど、
ひょっとしたら深いんじゃないのかなぁ。なんて思いました。

・ストーリーと仕掛けについて、

読みえてから思ったのだけれど、
自分が思った事って本の中にけっこう書いてあったりします。
主人公は、小説を書こうとするから、そういう意味で、客観的な視点も
文中に盛り込まれているのかも。

別れのない恋愛のストーリーは、云々、って文中に書いてあるけれど、
居なくなるのがあらかじめわかってしまうストーリーは切ないです。
(最近そういう話をたくさん読んだというのもあけれど、流行?)

シングルファザーの主人公の設定は、ちょっと極端だけれど、、
奥さんがいないといろんなことができなくなっちゃうことにちょっと共感を覚えたり。。

奥さんがすごく健気だったり。。

欲を言えば、奥さんにもっと語って欲しかったなぁ。
最後の方に奥さん目線で旦那さんに語りかける重要なところがあるのだけれど、
そして、この部分はすごく衝撃的なのだけれど、
衝撃、以上の何かが出来なかったかなぁ。って思うのです。
そのあたりは、改めて、映画を見るとして、、

気持ちが穏やかになる本でした。
もうちょっと思うことがあったけれど、それは、また次の機会に。

:::::::::::::::::::::::::
いま、会いにゆきます
市川 拓司
出版社: 小学館
ISBN: 409386117X
(2003/03)
[PR]
by stafy77 | 2005-06-30 08:49 | テーマ:今月の本

自分のウィークポイント(コミュニケーションスキル)


新しい環境で3ヶ月近く過ごし、最初の頃の緊張も少し解けたところで
自分の悪いところがまた出だした。(前にも書いたかもしれない)

誰かに、何か伝えなくてはいけないときに、
すぐに思ったことを言葉にすると、
「・・・・・・・ん?お前が言っていること、さっぱりわかんねーよ!」
という返事がけっこうな確立で帰ってくる。
伝えたい言葉が先立って、相手への状況説明や、主語が抜けていたり、
言葉の組み立てがばらばらになったりする。

こんな風に文章で書いても、読む人に意図したとおり伝えることが難しいのだから、
言葉ではもっともっと酷い有様だろう。

意思の疎通というのは、上手にできないと相手をいらいらさせてしまったり、
お互い、出来れば話したくないような雰囲気になってしまう。
そんなことの悪循環で、ほとんど口を聞かない人が出てきたり、、
あまり、打ち解けられなかったり、、

そんな状態になってしまっている。

もともと、注意力などがそんなにあるほうではないので(凡ミスも多い)
意識が少ないからだ!と言われればそれまでだし、

うんと早くに自分のこんな性質を見抜いた人からは、
「君は工場みたいな、ある程度もくもくと働くところの方が合っているんじゃない?」
って言われたこともあるが、

じゃぁ、極端に誰かと話すことが少ない環境で、決まり決まったものを作っているよりは、
誰かに自分を表現するということがしたいのだ。

大事なはずのコミュニケーションスキルを、普段からもっと気にかけてあげたい。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-29 08:51 | 問題解決

東京都議会選挙のポスター(東京都以外の人にも見てほしい)

Excite エキサイト : 政治ニュース

選挙の時期になると、昼間の住宅街を凱旋車、、じゃなくて、
広報車が、○○××です~。って走り回ったり、
不意に、縁の遠い知り合いがやってきて(電話してきて)
××をよろしくお願いします!って言われて
そこで初めて彼がその党の党員ということに気がついてびっくりしたり、、
あるいは、駅に行くみちを囲むように、たすきをかけたおばちゃんと、
一番先頭か、奥にご本人がいて、よろしくお願いします!と頭下げてる
そんな風景が、珍しくない。

珍しくないということは、もう空気なようなもので、
選挙がある!というのは伝わってくるのだけれど、
どこに入れるとか、入れないとか、そんな判断材料には
まったくならないのだった。

家族一同、○○さんの応援!とか、知り合い伝いに、
特に考えなくても票を入れられる人、
あるいは、もっと積極的に、時期には駅前でチラシを配れる人は別として、
普通の人は、テレビを通じた政治や政策は知っていても、
身近なところで、党や党員に接する機会はない。

どこか公共のお祭りのようなところに行って、無償で手伝う代わりに、
相談会や意見を受け付け、のようなことをすれば違うと思うのだが、
そういうことしている人は見たことがない。
(やってはいけないことになっているのだろうか?
それとも、イベントの主催者側がやらせたがらないとか)

票を入れるというのは大事なことで、入れたい人がいなければ、
無効票も投票した数に入るので、入れたい人がいない!というアピールにはなる。
入れたい人がいないというのは、こっちの責任ではない。

それはさておき、東京都のポスター


(いつまであるかわからないけれど)

なんだかなぁ。

東京都選挙委員会

ちなみに上のページの中の、キャッチコピーというのもおもしろい。

パパはイヤでもママが行こう 東京都議会選挙(JANJAN)
イベントもあったらしい。。。

選挙にはぜひパパママ両方参加で^^
[PR]
by stafy77 | 2005-06-28 08:38 | ニュース、イベント記事

扇風機を出す


ついに、我が家でも扇風機を出しました。
毎年、梅雨に入っているぐらいの間は必要なかったきがするのだけれど、、
網戸をあけて外の風を入れつつ、扇風機をつけて寝ると、
かなり快適に寝れました。
相方が「いや、今日は、もともと涼しいんだよ。きっと」って言うので
温度計を見たら、29.2度
外はもう少し涼しいかもしれないけれど、 十分熱帯夜じゃん。

扇風機でどれぐらい体感気温が下がるのかはわからないけれど、
十分クールビズになっているかも。。

しかし、、扇風機が快適なのも、今ぐらいの温度が上限で、
30度、32度と気温が上がるにつれて、
熱風を吹き付けるだけの機械になってしまいます。

夜か、明け方に一雨あって、さっと風が吹くのが一番涼しい気がします。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-27 08:32 | 出来事

母親教室に行ってきました。


 母親教室なるものに、行ってきました。
 前回は、病院主催だったのだけれど、今日は自治体主催。

 内容は、沐浴の方法、母親のイメージ、父親のイメージのグループ討論?など。
 例によってあまり予備知識なしに相方にくっついていったのだけれど、、

 男性の参加の多いのにはびっくりした。
 しかも、今回は、一方的に話を聞くだけではなくて、
 自己紹介したり、隣近所と喋ったりする機会があったのだけれど、
 (男性の方々が)みんな、子供に関して積極的だなぁ。
 なんて、思ってしまった。

 みんな、にこにこして、
 愛する奥さんに全力で協力します!みたいなイメージだったけれど、
 (もちろん奥さん同伴だから仕方がないけれど)
 そんなもんなのかなぁ。
 
 そして、先輩からのアドバイス、というコーナーで、
 子供が出来てから、6ヶ月ぐらいまでの、パパママが登場して
 (これも驚いたことに、ほとんど二人できていた)
 いろいろなお話をしてくださったのだけれど、
 これも、仲良さそうだなぁ。という印象。

 内心、自分自身、仲良さそうな二人に、
 嫉妬していたのかもしれないが、、、 
 
 子育てって、すべからくあんなものなのだろうか。。。
 うちは、普段、もっと殺伐としてるけれど、、、、
 
 なんだかなぁ。

 産まれてきたら、また印象が変わるのかもしれないけれど。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-26 21:33 | 相方、子供、生活

四日間の奇蹟(本)~映画を最初に見た場合



四日間の奇蹟公式サイト 


四日間の奇蹟の小説を読みました。
帯には、10万人が読んだとか書いてあったので(1000人に一人?)
いまさらかなぁ、という気がしないでもないけれど、
映画で見て、どんな原作なんだろうと、非常に気になるところがあったので。。

(あえて、映画の感想にもトラックバックしておきます)

読んだ後に、なにかが残る作品でした。
一言で感想をいうと、映画が、人との関わりから奇蹟を捕らえているのに対して、
本ではあくまでも主人公の立場として奇蹟を捕らえていると言う点で、
どちらが良いということはないけれど、かなり違うなぁ。という印象。

よく、ドラマや、映画を見た後、本を読むと、
俳優さんの姿や声、舞台がフィードバックすことがあるけれど、
四日間の奇蹟に関しても、主人公がイメージとかぶるところがありました。
ただ、本では主人公一人称なので、あれ?こんなに喋ったっけ、、と
思うところもあったのだけれど、
これは、ピアニストが主人公である話で、書かれている奇蹟は、
(直接ではないのだけれど)ピアニストに対して起こったことだ、
と読ませる書き方が貫かれているところが、映画との大きな違いと思います。

映画とは、舞台が違う場所になっているが、おおむね起こる内容は同じ。

映画に描かれていないのは、いろいろな学術的な説明のシーン
最先端の研究と奇蹟の対比をしているのかもしれにけれど、ちょっと難しくて読みにくい
ところもありました。

それから、夢のシーン。
逆に、映画にしか描かれていないのは、情景や、演技のリアリズムだったり、
いくつか、映画にしか存在しないエピソードだったり。。

映画の方が、楽に見れるかなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-25 18:07 | テーマ:今月の本

『よろしくお願いします』という言葉の使い方


何気ない会話をしていた相手に、
「みんな、なんでもかんでも、メールの最後とかにつけたがる、
よろしくお願いします」という言葉はあんまり好きじゃないんだ。」
と言われて、あらためて、『よろしくお願いします』ってどんなときに
使うんだっけ、、って思った。

この言葉は、話し言葉ではしょっちゅう単体で使う。
例えば、自己紹介の時など。
○○○○です。
これからもよろしくお願いします。

本来は、「何かを」よろしく、 お願い しているのだけれど、
ここではそれを省略していて、何となく通じている。

お願いをすこし具体的にした例、

電車で聞いた女性専用車両のアナウンスで
「~専用車両となります、ご理解とご協力よろしくお願いします」

って言っているのを聞いて、、あーなるほど!って思った。

この場合は、乗客に、女性専用車両の存在を理解して、協力して下さい。
という意味なのだ。逆に言うと女性専用車両は、強制的な決まりではないので、
「乗ってください(乗らないで下さい)」よろしくお願いします。
では、おかしくなってしまうのだろう。

慣習的に「よろしくお願いします」をつけて、通じる場合は良いのだけれど、
何を、どう、「よろしくお願いするの?」
ってつっこまれると、意思の疎通が難しくなることがある。

お願い事項を入れない、単体で使う「よろしくお願いします」や
お願い事項があいまいな「よろしくお願いします」は要注意だ。
自己紹介で使う分には、ぼかしてしまうから良いのかもしれないが・・・
[PR]
by stafy77 | 2005-06-24 08:44 | 問題解決

流出したら困るもの・・・

Excite エキサイト : 社会ニュース

winnyの問題は、いろいろなところで取り上げられている。
様々な会社や公的機関のデータが流出していて、問題になっている。

winnyの存在自体の問題もあるだろうし、いや、このウィルスが問題なのだ!
という見方もある。
それよりも、なんで厳重機密のデータが入ったPC(またはデータそのもの?)を
個人が好き勝手に移動させたり、winnyをインストールすることができるのか。

もし、インストールされたものが、ファイル交換ソフトではなく、他のソフトだったとしても、
そのソフトが原因でデータに大きな影響を与える可能性があるとしたら、、

ということ事体が、非常に大きな問題として、取り上げられることになるだろう。

コンピュータは、大勢で使うものから、一人一台!という考え方に代わってきたが、
本当は、一人で一台として使うものではなく、(その場所で完結されるべき)一仕事につき
1台という考え方が正しいのではないだろうか。


企業では、それぞれの場所で、PCについてどのように管理しているかはほんとうに様々だ。
個人のPCと混在でノートPCなども使っているところもあれば、
完全にデータの持ち出し、持込厳禁のところもある。

社内からのインターネットアクセスが完全にできないところもあれば、
フィルターをかけているところもある。

それでは、、個人では、PCからの流出という出来事は、どのように考えるべきだろうか。
今までにもwinnyなどで、個人のデータが流出したということは、数多く発生している。

個人でサーバーなどを立てた場合には、ファイル交換ソフトを使わずとも
勝手に個人のデータを盗み見される可能性があるし、無線技術を使っている場所では
盗聴される可能性もあるので、データ流出はwinnyに限ったことではない。

個人のPCには、どんなデータが入っているのだろうか。
そこにあるものが、不特定多数に流出したら困るものはないだろうか。。。

個人の情報、、写真、やり取りしたメール、、
子供の写真、、、etc
そんな、どこぞとも知れぬ子供の写真なんて、関係ない!と
多くの人は思うかもしれないけれど、
「悪意を持った一部の人」は、これらの情報の使い方を知っていて
情報源の人の生活を脅かすかもしれない。。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-23 08:54 | ニュース、イベント記事

台所の活用方法?

アメリカではキッチンで赤ちゃんをジャブジャブ!? | Excite エキサイト

エキサイトニュースで見つけた記事。
台所のシンクで赤ちゃんを洗うなんて、合理的~。
でも、我が家には、まだ子供もいないのに、リサイクルショップで500円で買った
ベビーバスなるもの(おそらく元値3000円ぐらい?)が、
洗濯物入れとして利用されています。

そういえば、、一番貧乏なときに、下宿でやるのが、
「台所で頭を洗い、体を洗う作戦!」
これは、人間の体がちょっと大きいため、、
なかなかうまくいかないのですが、、
赤ちゃんのときから、台所で体を洗っていたら、台所で体を洗うことに
抵抗がない子供に育つのかしらん。。

人間、楽な方、楽な方に流れていくもの。

相方は、、許してくれないだろうなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-22 12:53 | ニュース、イベント記事

疲れたときに犠牲にするもの


昨日は仕事を終わったときには、そんなに疲れているつもりはなかったのだけれど、
9時ちょい前に家に帰って食事をとってから、とにかく体を起こしているのが辛くって
そのままばたんきゅうでした(11時半ぐらいに、なんとか風呂に入った)

最近は、9時に帰れた時は、
食事して、PC立ち上げてメールチェックして適当にPCさわって、、
テレビ見てる振りしてハンディカムいじって、、風呂入って、、
ヘッドホンでピアノ(キーボード)弾いて、楽譜か雑誌でも眺めて寝るのが12時
っていう生活で、自分なりに、少ない時間ながら充実してるかな。
と思っていました。
(相方はその間、PC+テレビのことが多い)

でも、寝てしまうと、その3時間があっという間に過ぎてしまい、
体が欲していたとはいえ、なんかもったいない気もします。

今、相方は一日家に居るので、しんどいとはいいながら、
帰ってからの時間、けっこう元気そう。(昼寝もしているのでそんなに眠くなさそう)
だから、せっかく一緒の時間なのに寝ているだけっていうのもなんだし、、

お休みの日に、お互いフラストレーションがたまらないかなぁ。
って心配ではあります。

そういえば、この前、休みの日に[うちのこと何もやってくれない!]って
切れられたなぁ。。
[PR]
by stafy77 | 2005-06-22 08:41 | 問題解決