<   2005年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

阪神タイガース優勝!

Excite エキサイト : スポーツニュース

阪神タイガースがリーグ優勝!

プロ野球なんて、所詮、どこかのチームが毎年優勝してるじゃん。
といってしまっては元も子もないけれど、
阪神タイガースが優勝というのは、他のチーム
(横浜とか、広島とか、あまり強くないところ)が
優勝するのとはひと味違った雰囲気を持っていると思う。

なんか、ファンと球団が、ひとつのブランドを作っているような。。
この勢いで、日本シリーズ優勝!となると、また盛り上がるんだろうなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-30 07:01 | ニュース、イベント記事

不可抗力

家に帰ると、防水ラジオのアンテナが折れていた。
相方に聞くと、窓際にあったこのラジオ、、風が吹いて倒れたそうな。。

普通なら、アンテナなんて、分解して交換すればなんとかなりそうなのだが、
いかんせん、防水仕様なので、ちょっと心配なので、
次の休みに、買ったお店に持って行くことにした。

アンテナ、突起物として一番弱い部分があっさり壊れたのだが、、
CD部分は大丈夫だろうか。。
内部の精密部品は、、、、
電池を入れっぱなしなので通電していたはず。

保証で修理できればいいのだが。。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-29 21:42 | テーマ:ハイテク小物

女の人が、かわいく見えるとき。 

誠に勝手ながら。。

仕事中、ひょっと近くの女性をみると、うわっ、すごい顔して
仕事してるなぁ。って思ってしまうことがある。
でも、同じ人でも、なんだ。かわいいところもあるじゃん。って
思うこともあり、つくづく人ってのはいろんなところがあるものだと
思わされるものだ。


誠に勝手ながら。。
仕事をしていると、何気ない服装や、仕草にはっとさせられることがある。
オフィスでは、たいてい、座っているか立って歩いているか、
電話をとっているか、、あるいは打ち合わせで誰かと話しているか、
バリエーションはそんなところか、、
ただ、デスクに手をついて、何かをする姿勢って、あんまり日常だとないかもしれない。
たまには、ちょっとエロチックかなと思うような人もあり
(滅多に感じないけれど)


誠に勝手ながら、
家に帰ってから出迎えてくれる人。
とってもラフな格好で、一緒にご飯食べたりしているけれど、
背を向けてキッチンで料理を作っているか、赤ん坊を抱っこしているか、
横になってごろごろしているか。。
バリエーションは限られている。
ずっと一緒にいるせいか、たまにはもう少し別の表情も見たいなぁ。って
思ったりする。
美人不美人はともかくとして、日常の仕草でどきどきしたりすることは、
最近はあまりなくなってしまったので。
一番見ているのが寝顔なのかもしれない。

それはそれで、自分だけの特権なのかもしれないけれど。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-29 00:07 | 問題解決

男性誌と女性誌


 男からすると、女性誌というのは奇々怪々な読み物なのだ。
 
 電車の吊り広告で、はっと目を引くものがあった。
 それは、an・anの今週発売の広告で、
 「ひとりH教本」とかいうフレーズだった。
 中吊りの広告3分の1ぐらいをしめる文字ででかでかとSEX云々と書いてあるものよりは
 小さい文字だけれど、それでも、やたらインパクトがあり、
 正直、あまりいい気分にはなれなかった。


anan目次

 ネットで見る限り、ずいぶん柔らかく書いているが、文字量をうんと削った中吊り広告は
 かなり刺激的な印象だった。

 それを見た小さい子供が、お母さんに
 「ひとりHって、何~?と大声で質問したり、、という想像力は、なかったのだろうか」

 もっとも、男性誌の中吊り広告にも、エッチな内容はたくさんあるけれど、
 たいがいは細かく縦書きで、芸能人などのあまりオープンにできない話題を
 スキャンダラスに書いている物だ。

 この違いは何だろう。
 男性紙にとってのエロとは、妄想・非日常を追いかける物に対して、
 女性誌では、それは、日常的にみんな当たり前にあるものの代弁者として、
 記事を作っているような気がする。

 エッチなことというのは、まぁ、人間誰でもそれなりにエッチなわけだけど、
 社会の中で、さらしていいのか、黙ってた方がいいのか、TPOに基づいた判断で
 語られたり、語られなかったりするものだと思う。

 女性誌がなんでも、「みんなは、こうですよ!参考にしてね」と語ってしまうと、
 どうも、男としては、これでいいのかなぁ。と、思ってしまうのだ。

 エッチな内容以外の女性情報誌。
 たとえば、結婚に関する情報誌、妊娠・子育ての情報誌にも、同じような事があって、
 キャッチコピーが、「みんなどうしてる?」だったり、
 雑誌を開くと、一面、赤ちゃんの顔がずらりと載っているページだったりする。

 そして、中には、「彼氏と読める!」「初めてのパパの為の!」という
 小冊子や別冊がついていたりするけれど、
 そういう本を作っちゃうイメージが、
 いい彼氏・理想のパパに基づいて、こてこての紙面になっていたりして、
 『もっと、実際のところ、男の心は複雑だったりするんじゃない?!』と
 突っ込みを入れたくなるところが多々ある。
 (男性向けの記事、というアピールをするときは、女性の男性に対する妄想が入るのかも)

 結婚・育児について男性誌を作るとしたら、、
 これで、女心をつかむ!というような内容だったり
 (女性誌の内容をダイジェストで書いてあって、情報共有ができる)
 俺流、とか自分のこだわりのライフスタイルを、新しいモノや考え方で
 実現させるような記事になるんだと思う。

 
[PR]
by stafy77 | 2005-09-28 05:21 | 問題解決

訃報 A リード氏ご逝去

嬉しいニュースと悲しいニュース。

10日以上前の出来事になってしまったが、、
書いておかないと、忘れてしまいそうなので・・・

作曲家アルフレッド・リード氏が9月17日に死去されたとのこと。享年84歳

つい3日ぐらい前には、赤ちゃんに春の猟犬聞かせて、寝るかどうかやってたのに。
リード氏は、きっと、吹奏楽をしている人なら知らない人はいないぐらいの、
吹奏楽に多大な貢献をした方です。

ただ、自分は、彼がどんなすごいことをしたのか詳しく知っているわけではない。
ただ、曲を演奏しているときは、いつもわくわくさせてくれる曲でした。
(ちょっと自分たちには難しかったかもしれないけれど)

吹奏楽をやっている人は、大人になると吹奏楽を離れてしまう人も多く
ちゃんと楽団とか入って毎日楽器を吹いている人に比べたら、
自分も、吹奏楽の関わりはうんと浅くなってしまった一人です。

それでも、音楽を専門とする、相方と出会った事
今日の訃報を共有し一緒に悲しめる相手と出会ったことは、
自分と音楽にとっては幸せだったかもしれないけれど

ただ、生きている限り自分は音楽はやめないだろうし、
音楽をやめない限り、心にはリード氏の音楽が消えることなく、
どこかにあるんだろうなぁ。と、、、


心からのご冥福をお祈りします。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-27 00:25 | テーマ:音楽

喧嘩


 昨日、またもや、相方と喧嘩してしまった。
 原因は、こちらがストレス発散にパソコン買うかぁ、なんてぽろっと言っちゃったのが、
 相手の逆鱗に触れたらしい。

 こっちは、子育てで大変な思いしてるのに、
 帰ってきては世話焼かせるし、おまけに、パソコンとは何事だ。
 という感じらしい。

 まぁ、相手も火がつくと、何をみても怒りの原因になるらしく。
 その日は一日、あーだこーだと、不機嫌だった。

 それにしても、よく「ストレス発散」という言葉があるけれど、
 あれは、本当はどういう意味だろう。
 
 何かをすると、ストレスという、体によくないものがたまり、
 それを発散するのに何か別のことをしなくちゃいけないのだろうか。
 ということは、本来したくないこと、分量をしている状態がストレスなのだろうか。

 自分が思うに、いろんな場所に身を置くのは良いことが多い。
 よく、会社と家の往復で退屈だという人がいるけれど、それ以外に
 することがない人は、本当は気の毒で、同様に、一日中家にいて、
 子育てしかしてないという人も、ちょっと気の毒な気がする。
 (それだけをとても充実していればいいのだが)
[PR]
by stafy77 | 2005-09-26 22:59 | 相方、子供、生活

子供をだしにした無駄買い(PCグッズ)


 マウス、普通にパソコンを使っていれば、一個あれば用が足りるもの。
 デスクトップにしても、タッチパッド付きのノートにしても、
 だいたい、手は一個しかないのだから、複数マウスを持つ意味は特にない。

 しかし、、昨日マウスを買ってしまった。
 そのマウスは、ちょっと変わっていて、床においてころころするものではなく、
 (最近は光学式が多いから、ころころという表現が適当かどうかはわからない)

 マウス本体にトラックボールと、ホイールがついていて、
 床におかず、手に持って使うようなものなのだ。
 
 実際に買って使ってみると、トラックボールのスピードがのろかったり、
 やっぱり、ワイヤレスがいいなぁ。とか、
 どうせここまでやるなら、傾きセンサーとかで、制御できないのか、と
 機械に対して不満はあるが、、
 なぜこんなものが欲しくなったのか。。。

 それは、子供をだっこしていると、PCができないからだった。
 両手で抱えてしまうと、まず、マウスは握れない。
 最近は、開き直って、WEB見ながらだっこでもいいじゃん!って思っているので、
 マウスが使えない(というかキーボードも使えない)のはいささか不便なのだ。

 まぁ、無駄遣いの一種ではある。。

 だって、、このマウス。複数のPCを使っている自分にとっては、常にUSBに
 さしっぱなしにしておくわけにはいかず、使いたいPCにいつでもマウスが
 刺さっているとは限らない。。
 つまり、使うためにはマウスをPCに接続する必要がある。
 、、、子供をだっこしながらできる芸当ではない。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-25 07:19 | 相方、子供、生活

ベビーカー、ドライブ などなど

 三連休の一日目は、届いたベビーカーで初めて、近所を散歩してみた。
 ベビーカーに乗った最初の瞬間は、両手をぐっと握り締めていたけれど、
 そのあとはずっとうとうとしていたようだ。

 近所の公園まで、距離にして数百メートルの往復。
 2ヶ月前にして、公園デビューとは、ちょっと大げさだけれど
 、、まぁ、ほとんど寝ていたから、本人にとってはよくわからないか・・・

 三連休の二日目

 実家まで往復2時間のドライブ。
 以前からそうなのだけれど、車ではすとんと寝てしまう。
 車のなにがいいのだろう。。

 よくわからない。。。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-24 16:55 | 相方、子供、生活

音楽と眠り


 赤ちゃんを寝かしつけるのに、音楽は必要か。
 子供が産まれてから2ヶ月、結論はまだ出ていない。
 
 音楽以前に、抱っこを要求されるので、
 抱っこしてしまえば、(おそらく)適当に揺すっていれば寝てしまう。

 音楽というのは、親の退屈しのぎにあるのかもしれない。
 そのときに聞かせているのが、
 オルゴールであっても、自分のへたくそな口笛であっても、
 変わりはないようだ。。

 そのうち、好みが出てくるのかもしれないが。。。

 そもそも、音楽を聴いて寝るというのは、、
 心地よいから寝るのか、、それとも、退屈だから寝るのか・・・

 

 さいきん、おっぱいを吸わなくなったらしい。
 相方は、カロリーメイトを食べてからだと言っているが、、、
 どうなんだろう。。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-23 10:57 | テーマ:音楽

そうして自分は傍観者となる(車内の出来事

それは突然の出来事だった


いつもの超満員のバスで、一番後ろから二番目に座っていたOL風の若い女性が突然席を立った。バスは、バス停についてから少し経っていたので、自分が降りることに気がついたのかな、って思ったら、後から乗ってきたおばあちゃんに席を譲るところだった。
その時、自分は一番後ろの席にいたのだけれど、何故おばあちゃんに気がつかなかったんだろう。もし、気がついたら、席を譲れただろうか。


次に乗った地下鉄で、お客さん同士のトラブル?で、男が、ひっぱっていかれるのを発見。
もみ合いでなんか、車内に落としたようなのだが、ドアが閉まる直前だったこともあり、誰も落とし物には手を出さず、後になってから他の人が他の駅に届けた

発車直前で、落とし物を拾って届ければ、自分が乗りたい電車には乗れなくても、落とした人は困らないだろう。
でも、あえてトラブルの渦中に飛び込んでいくことは誰もしなかった。
というより、自分がしなかった。

人とは、自分の都合のよいように関わりたいと思っているのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2005-09-22 08:19 | 問題解決