<   2006年 04月 ( 42 )   > この月の画像一覧

はじめて娘の髪の毛を切る

予定が変わってしまったこともあり、
今日は、娘の髪の毛を切りに車で30分ぐらいの距離の、
写真館、、のようなところに行ってきた。
そこは、子供を専門にして、切った髪の毛を筆にしてくれるところだそうだ。

お母さんに抱っこされて、係の人が手早く髪の毛を切ったのだが、
娘は大泣き。。
でも、時間にして数分だったろうか。
なんだかあっという間だった。

筆が出来るのは3ヶ月ぐらい先らしい。
忘れた頃にできるのだろう。。

さっぱりした頭で、近所の公園で、一面のチューリップを見た。
娘は大きな花が恐いらしく、近寄ると大泣きする。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-30 19:59 | 相方、子供、生活

昔書いたお話

GW初日、自分の実家で風邪引いた人がでたため、大事をとって、帰らなくても
いいことになった。で、時間が出来たので、昔書いたものを試しにUPしてみます。

 ~ごんた君とすみれちゃん~

 小さな赤いワゴン車のごんた君は、今日は一番のお友達のミレちゃんとドライブです。ごとごと川沿いの広い道を通って、町外れの野原までピクニックにやってきました。

 普段とはちがう気持ちのいいそよ風の中、のんびりとお昼をいただいて、ミレちゃんはもう、おなかいっぱい。とっても満足した様子です。ごんた君も、そんなミレちゃんを見ているとなんだか嬉しくなってくるのでした。

 「楽しかったね!ごんた君。ちょっと曇ってきたから、そろそろ帰ろうよ」

 ミレちゃんがごんた君に乗り込んでぶるんとエンジンをかけた、そのとたんに、大粒の雨がぽつぽつと落ちてきました。

 「少し近道しちゃおうかな?」

 近道は、野原の間をくねくね抜けていく、細くて荒れた土の道です。大きな車はとても入れないけれど、小さなごんた君ならすいすい通る事が出来るのでした。

 だけれど、雨が少しずつ強くなって地面がぬかるんでくると、さすがのごんた君もちょっと慎重です。

 「ねぇ、ごんた君。もっと速く走れない?これじゃぁ夜になっちゃうよ」

 「だめだめ。これが精一杯だよ……」

 しばらく走るうちに、ごんた君の天井をたたく雨の演奏はますますにぎやかになり、辺りも暗くなってきました。

 ハンドルを切るミレちゃんには、どしゃ降りの中、忙しそうに、二拍子をきざむワイパーごしの、ヘッドライトだけが頼りです。

 暗闇の中、小さなカーブを曲がってまっすぐの道にさしかかり、ミレちゃんはちょっとだけ速度を上げようと、アクセルを踏みました。

 その瞬間!

 「ききーっ!!」

 派手なブレーキの音がして、ごんた君は急にがくんと止まってしまいました。

 「どうしたの?何?」

 変な道を走らせてしまったから、ごんた君がどこか調子が悪くなったのかも……。ミレちゃんは車を降りてごんた君の前に出てみました。

 するとそこには、どこからやってきたのでしょう。可憐な薄い紫色のすみれが、ごんた君のヘッドライトに照らされて、道の真中にぽつんと咲いていたのです。

 「これでは、どうやってよけても引いちゃうね」

 この小さなすみれの為にごんた君は急停車をしたのでした。

 「どうしよう……。そうだ!」

 どうやら、いい考えが思いついたようです。

 ミレちゃんは、ごんた君に積んであったスコップを取り出すと、どしゃ降りの雨の中に出ていきました。

 まずは、道のわきの野原の絶対に邪魔にならないところをうんしょっと掘り起こしておいて、それからすみれのまわりからそっと土をのけていって、一番最後にすみれをそっと、野原に移してあげたのでした。傘も持たないミレちゃんは、頭からつま先まで全身ずぶぬれです。

 「さ、帰ろうよ。ごんた君」

 エンジンはまた、ぶるる、、と動き出し、ふたりは少し遅い夕食を楽しみに、家を目指してまた動き始めたのでした。

More
[PR]
by stafy77 | 2006-04-29 11:41 | ひとりごと

ゴールデンウィークの予定

今年のゴールデンウィークは?

今年のゴールデンウィークは、
2日、自分の実家、
1日半(平日)自分の好きなようにする
残りの5日、相方の実家(飛行機を含めて片道4時間)

と言う予定です。
特別な予定はなにも立てていない。
実家に行ったら行ったで、誰かがセッティングし、
自分はそれについて行くだけのような気もします。

実家では、自分は子供とべったりでもいられないだろうし。
かといって、日中子供とべったり以外の休みも欲しいし。
。。贅沢です。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-29 00:21 | ニュース、イベント記事

家電とPCの接続

我が家では、少し前の洗濯機を使っている。
この洗濯機には、いくつかのモードがボタンで選べるようになっている。
時短、、ジーンズ、などなど。。
一番短いのはおおむね15分で、長いのは50分ぐらいだろうか。
50分では時間がかかりすぎで、15分では短すぎだ。
というとき、、うちでは、最初に50分のモードに設定をし、洗いを10分ぐらい行った後、
おもむろに操作を中断して、15分のモードに切り替える。
これなら、10分間余計に洗ったことになる。
こんな面倒なことをするまでもなく、PCかなにかと接続して、
あらい、すすぎ、各モードごとに時間を設定でき、ついでにタイマーも設定できたら
便利なのにと思う。
各メーカー、ものすごく性能には気を遣っているだろうけれど、
(汗の汚れが!泥の汚れが!洗い上がりが!電気代!騒音!水の量!)などなど
洗濯は気持ちの問題であるところが大きい。

PCと繋がったら便利だろうなぁ。と思うのは冷蔵庫だ。
冷蔵庫にカメラを付ける。
といっても、冷蔵庫を監視するわけではない。
冷蔵庫を開け閉めする瞬間に、入れられたもの、取り出されたものを撮影するのが目的だ。

そして、冷蔵庫には音声認識をさせるためのマイクと、確認表示用の簡易液晶が付いている。
必要時に、マイクに向かって発話する。(別に冷蔵庫管理するものでなくてもよい)
「イチゴジャム」
【イチゴジャム」「ゼロ」
イチゴジャムは、品名であり、キーワードはPCで編集できる。
区別したい場合は、「アオハタイチゴジャム」「セイキョウイチゴジャム」と別けて登録すれば、
別々に登録される。
そして、「ゼロ」を発話すると、商品は備蓄リストから削除される。
しまった場所とか賞味期限も、キーワードで発話したら便利そうだが、一個一個それをするのは煩雑だろう。

一方PC側では、在庫リストをもとに、ウェブで注文できる発注リストを作ったり、
調理器、(ケーキ型、オーブンレンジ、フードプロセッサー、なべなど)を登録しておけば、
在庫で作れる料理を検索してくれる。

じゃぁ、、最初に挙げたカメラは何をするのか。
このシステムは、冷蔵庫用ではなく、冷蔵庫の中のものには必ず抜け漏れが発生する。
気が付いたら、あるはずのデザートがなくなっているかもしれない。
その犯人を見つけるためのシステムである。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-28 00:00 | テーマ:ハイテク小物

ネームカードを作ってみました。(キーワードに「ネームカード」を追加)

エキサイトネームカードをリリースしました

エキサイトの新機能。
名刺っぽく、名前と写真を画像にしたものを貼り付けることができるみたいです。
その他、交換できたり、アクセスログがあったり、
キーワード検索で同じ趣味の人を見つけられたり、するらしい。
どうなっているかわかりませんが、
名刺を作った方で、このブログにピンと来る方(1万人に1人いるのか?)
いらっしゃったら、交換をお願いします。


「つながる」がキーワードのツール、、増えましたね。。
エキサイトブログは、まぁ、ぼちぼちですが。

右側の、メニュー欄の並びをちょっと変えました。
記事をみるだけの場合は、ほとんど変わらないと思いますが。
---------------------------------------------------------------------
追伸:キーワードを強制的に5つ決めなくてはいけなくて、
キーワードを入れると、勝手にフォーラムに参加されてしまうようです。
そんなわけでフォーラムは、作成者が仕切るわけでもない掲示板
無法地帯となりえます。。。

キーワード機能はいらない!とか
関わりたくないときには、絶対に誰も類推できないようなキーワードを5つ入れて
見なかったことにしてしまうのがいいかもしれません
--------------------------------------------------------------------
追伸2:キーワード「ネームカード」を追加しました。
ネームカードに関する思ったことは(気が向けば)そちらの掲示板に書きますので、
興味がありましたらどうぞ
--------------------------------------------------------------------
[PR]
by stafy77 | 2006-04-27 11:59 | テーマ:ブログ

靖国参拝

Excite エキサイト : 政治ニュース

あまり考えたくない想像だが。
親しい人が誰かに殺されてしまったとする。
殺人者もすでに死んでいるとして、殺人者に敬意を払い、お墓に足しげく通う人間と快くお付き合いすることができるか?
答えは、Noだ。
個人的には、当然の感情だろう。

しかし、理性は別である。
亡くなった人を畏れ敬うのは古今東西、人として普通に行われてきたことであろうと思う。
そして、殺人を犯した人の関係者、、と自分が、仲良くしていこうという意思があれば、
殺人に関しては極力なにも触れないように、付き合いをすることになる。
とうぜん、彼の行為に関しても(気にはなるだろうが)突っ込むことはないだろう。
彼を嫌いになるとしたら、彼自身が信じるものではなく、自分に対する彼の行動に関してである。

ところで、恨みには、個人ではなく、集団のうらみつらみというものもあるのだが、
例えば、福島の会津と、薩摩(山口、鹿児島)も、仲が悪い。
歴史的には、明治の戊辰戦争までさかのぼることになるが、
未だに、会津の人は(特に高齢者において)薩摩の人との結婚を許さないとか、
いろいろなわだかまりをもっているようだ。

自分は会津出身ではないのだが、会津では郷土の歴史として他の地方の
何十倍も詳しく、生まれ育った街の侵略の歴史を学ぶのである。

もちろん、戦国時代の英雄は会津のみならず全国に祀られているし、
各地で参拝者が後を絶たないのだが、国内においては、どこどこの誰それが
どこに参拝に行った、、というのはさしたる問題にしないし、取り上げるべきことでもないとされる。

戦いの歴史、恨みの歴史は世界中にあり、(これらを取り除こうというのが人類共通の願いであることを自分も願う)
現在もなお脈々と続けられているのだが、
それらの評価は、個人が所属するレベルによって異なる
(家庭、学校、会社、人種、宗教、民族、言語、地域、国)などなど

国を中心にして考えると、それらの集団意識は国をまとめるのに利用される。
「日本語を話せない日本人」というのが日本人に想像しずらいような感じだ。
また、どこか別の国では「国教」を信じない人は国民にあらず、というような感じだろう。

これは、1を知って10を話すのに非常に便利だ。
数人の知り合った関西人が冷たい人だったばっかりに、「関西人は冷たい」と
いってのける関東人と同じ感覚で、
○○人より自分たちのほうが優秀な民族だ、といってのける人が世界中にいる。
当然、○○人、、には先ほどあげた、所属レベルが入ってくるが、、
国がまとめてしまっているところでは、国の名前が入ることもある。
また国内の人種問題で苦しんでいるところもある。

「自国民を殺した人を敬う」という行為を見せ付けられることは、
決して平和的なものではない。
しかし、問題は、行為ではなく、「見せ付けられる」「話題を大きくする」という部分にある。

日本は、国歌について国内でいろんな意見が上がっているが、
例えば日本の国民が、例えばフランスに対して、「おたくの国歌は物騒だから、うちと仲良くしたいなら変えてよ!」とは
いわないし、逆に言われる筋合いもない。

靖国参拝問題は、参拝の本質とは別に火種を大きくすることに(おそらく両国に)問題があるのだと思うが、
なぜ、火種を大きくしなければいけないのか。
その点が、見えてこない。

とにかく、「国」という単位で物事を考えると、ある意味個人を超越した
国民性という認識が生まれるもので、それらはよい印象ももたらすことがあれば、悪い印象をもたらすこともある。
しかし、かならずしも本質をついたものではなし、
国同士の外交に携わる人がかならず、国民性を代表しているかといったらそうではないことのほうが多いだろう。

日本人は勤勉で見習うところが多い!といわれたら、自分がそれほど勤勉でなくても、嬉しくなるだろうし、
逆に、日本人にはずるがしこい印象がある、と言われたら、自分自身もずるがしこく思われているのかと悲しくなるだろう。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-27 00:00 | ニュース、イベント記事

携帯が戻る。

ボーダフォンから、不在着信と留守電が入っていた。
「携帯が直りましたのでとりに来てください」とのこと。

前回壊れた時も、お願いしたことだったのだけれど、
「メールの方が確実に確認するので、日時、数字を含むお知らせは、
メールで連絡してください」
って、言っているのに、今回も留守電のみの連絡だった。

まぁ、伝わったからよしとするが。。

カメラ機能の修理を終えて、
久しぶりに、「くろすけ」が手元に戻ってきました。
メイン基盤のカメラ処理部分の基盤を交換したとのこと。
ついでに、レンズも交換してくれたらしい。
しばらくは、また使ってやるか。
(心は、VGAでビデオが撮れる新しい携帯にうつっているが)

1カット5秒から10秒、
一つの内容を3~4カット、起承転結などで説明する。
というような練習を編集巻き戻しなしに行うには、これぐらいの録画機能でも
十分だったりする。

走り回る子供を撮るようになるのはいつになることやら。
、、、それまでに、ハイビジョンカメラ欲しいなぁ。。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-26 22:36 | テーマ:ハイテク小物

特大の洗剤

家で生活をしていると、
これが急になくなると困る!というものがいくつか存在する。
マイナーな物では、乾電池、、(実際に使うときに限って電池切れだが)
それから、トイレットペーパー、ティッシュペーパーの類。
(日中生活人数が倍になると消費量がとたんに増えたり、
 花粉症の時期にはあっという間になくなるので注意が必要)

あとは、シャンプー、リンス、台所用の洗剤。などなど。
注意が必要なのは、新聞屋さんがただでおいていってくれたりする
(実際は契約をかたに)洗剤だ。

この小さな箱を頼りにしていると、あっという間に粉はそこをつき、
洗濯したいのに粉がない!という羽目になる。

ささやかなことに思われるが、
この、欠乏の恐怖に耐えながら生活を続けるのは苦しい物である。

去年の今頃だったろうか、ふと立ち寄ったスーパーで良さそうな物をみつけた。
「洗濯用洗剤 特大 4.1KG」
なんといっても、4.1KGである。これなら当分、なくなる心配をしなくてもよい!
その時は、自転車で買い物に行ったにもかかわず、
4.1KGをひっさげて、意気揚々と帰ってきたのだった。
(2リットルのペットボトルのお茶2本分ぐらいだ)

あれから一年。
底がないのかと思われた白い粉の箱は、湿気や、水をこぼす恐怖にも耐え、
いまや、半分は底をのぞかせている。。
もう少しだ!

1年間、欠乏の恐怖から救ってくれた特大粉石けん。ありがとう。
こんな大きいパッケージを作ってくれたメーカー様、ありがとう!

そして、、洗面台の下の収納スペースには、、
この一年、新聞屋さんからもらった粉石けん
500G×10箱が、鎮座しているのであった。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-26 00:00 | 問題解決

交通機関のトラブル

Excite エキサイト : 社会ニュース

本日また、JR山手線が止まってしまった。
幸いにも直接の影響はなかったけれど、昔に比べて電車が止まることが多いような気がする。
これについては、自分自身が社会人になって通勤に首都圏の鉄道を頻繁に利用するようになったとか
(大学時代から1日4時間は乗っていたが)
報道への関心が強くなって、印象が鮮烈になったとか、実際の数値とは関係のない要素が
含まれているだろうから。本当に「多くなった」ということはわからない。

止まった原因も、お客都合(線路に人が立ち入って非常停止ボタンが押された)から
事故、故障までいろいろなものがあるので、どれが増えたとかいうことはよくわからない。

しばらく前に、立て続けに電車が止まったときに、「お客様相談室」なるところに、
『電車が止まる原因として多いものとか、発生時間とか、路線とか、傾向があれば教えてください。
また、トラブルは増加しているのでしょうか?数値で示せるものがあれば教えてください。
回避するようにしますので』
という趣旨のメールを出したことがあるが、返事は、『これから発生しないように努力しますので、、』というような
内容のものだった。まぁ、当たり前の反応だろう。

JRがなんらかの努力をして実際に電車がちゃんと運行できるのならよいのだけれど、
それもそれで、件数が××件減少!とか、事故発生後の顧客不満度が××パーセント減少!
(遅延等があった場合、その後の電車の運行、運休操作で随分不満度はかわるらしい)
という数値が発表されればよいのだが、それもないので、感覚的に、「減ったかなぁ」と感じるしかない。

まぁ、前回のゆりかもめの故障についてもいえる事だけれど、
怪我人等が出ず、大事故を回避できたというのは、それはそれで評価できるのではないだろうか。
JRも、線路の異常に気が付いた時点で、きちんと止めることができてよかった。
そして、お客さんも、指示に従うことができたということも、まだ、トラブル対処に関しては捨てたものじゃない。という印象。

そういえば、乗客が線路に降りて、電車が止まった事件があった。
あれは何年前のことだったか。東京に大雪が降って、夜の電車が止まったとき、
止まっている電車からたまらなくなったお客さんが線路に降りたせいで、東海道線がさらにストップしてしまい。
混乱が混乱を呼んだことがあった。

自分もちょうど巻き込まれ、、横須賀線の車内の中で、なんかしらないおばさんと
「大変ですね~」なんていいつつ話をした記憶がある。
それはそれで懐かしい思い出である。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-25 00:00 | ニュース、イベント記事

都合のいいオトコ

家に帰ると、相方が子供にミルクを飲ませるのに苦戦していた。
どうやら、同じほ乳瓶で薬を飲ませたため、
ミルクも飲まなくなってしまったらしい。

自分が、新しくミルクを作り、ほ乳瓶から飲ませると、、
なぜだか、意外とあっさり飲んでくれた。

抱っこして胸にすがりつくのはお母さんだけ
(嫌な薬をのまされても)なのに、

都合のいいときには利用される自分。。

なんだかなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2006-04-24 23:54 | 相方、子供、生活