<   2007年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

宝くじ当選!

84歳男性、宝くじ史上10番目の大当たり | Excite エキサイト

自分のことでなく、ニュースのお話。
300億円以上の金額が当選したとのこと。
おめでとうございます。
84歳になって、お金を使う夢があるというのは、すばらしいことだと思う。
自分があと50年生きたときに、どんな人生観を持っているだろう。
体のいろんなところが今のように動かなくなって、
なお、心が豊かでお金でも買える夢だって持ち合わせていれるだろうか。

宝くじ、当たるなら若いときがいいなぁ。
そのお金で人生うまくいくか、すっころぶかわからないけれど。
というわけで、今年は宝くじ当選を夢見て、
当選金額が数百分の1の東京都宝くじを3枚買ってみました。
当たるといいなぁ。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-31 22:00 | ひとりごと

元気力を高める??

“元気力”を高める、私のヘルシーライフ!

最近の生活。
朝。朝食は、多め。30分時間をかけて食べる(娘と一緒のため)
駅まで1500メートル走る。(走らないと間に合わない)

仕事中は、あまり動かない。

昼。あまりお腹が空かない。
お腹が空かないときは、走る。だいたい5KM
何も食べないとおなかのリズムがおかしくなるので、野菜生活を買って飲む

仕事中は、やっぱりあまり動かない。

夜。ようやくお腹が空く。
夜ご飯は、わりと多め。(ご飯はおかわりすることが多い)
デザートもあれば食べる。

週末は、、運動しない。でも3食しっかり食べる。
お昼はあまりお腹が空かないし、外に出ると、すぐに胃がもたれて
消化してない気分になる。

この食生活、はじめて半年強。
たいして運動していないが、10キロ近く体重が減った。

しかし、朝晩の食事をいい加減にとると、貧血になることに最近気がついた。
もっとも、たいてい週末3食食べて、復活するが。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-30 23:19 | ひとりごと

電車

通勤中。
じゃなくて、お散歩のお出かけ。
a0006436_2204651.jpg

[PR]
by stafy77 | 2007-01-29 22:01 | ひとりごと

モルモットをなでなで

実家の二日目。
娘と父と相方の四人で、電車とバスを乗り継いで近所の
ちょっと大きな公園に遊びに行きました。
その公園では、小動物のふれあいコーナーがあって、
モルモットを抱っこできたりするのです。

モルモット・・・、なんだか実験動物の代名詞みたいですが、
実際にはネズミとしたら結構おっきくて柔らかい毛並みでおとなしい生き物。
娘も、ちょっとおそるおそるだけれど、なでなでしていました。
でも、一緒にいたニワトリにおそれをなしたのか、
それとも、あまりにも子供があたりにいっぱいいたのが恐かったのか、
はたまた、おなかが空いて眠かったのか、
途中からご機嫌斜めになり、午前中で帰ってきました。

午後はお昼寝をして、実家をばいばいしました。

小動物と、娘のふれあいというより、
ここ二日間は、じいじと娘がたくさんふれあえた時間だったかな。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-28 23:45 | ひとりごと

ケーブルカーに乗ってお猿に会いにいく。

土曜日。親から「高尾山の猿園に行かない?」と誘われ、
高尾山はうちからも実家からも2時間弱で行けるので
父親と現地待ち合わせとなりました。。
車を降りたところで先にきていた父がお出迎えをしていて
娘を抱っこ。
娘は嫌がることもなく、にこにこで抱っこされて
日本一の急勾配のあるケーブルカーで山に登ったのでした。
風が強くて残念ながら山頂には行けなかったけれど、
猿園はガラス越しだったので娘は興味津津で、食い入るように
20分近くお猿をじっと見ていました。
大人はその間飼育員さんの解説を聞いていました。
猿同士の人間?関係など、ただぼーっと見ていたら普通の人はわからないような
面白い解説でした。

帰りはケーブルカーでなくリフトで山を降り、
実家に車で帰ってきました。

実家でびっくり。
娘はいつの間にか、ハーモニカを吹けるようになっていました。
確か前回実家に来たときはできなかったはず。
今回もこちらが渡したわけでもなく、おもちゃ箱から勝手に取り出して
あれこれしてたみたいです。
賢くなるんだなあ。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-27 23:50 | ひとりごと

バレンタインデー

バレンタイン 今年は「パパチョコ」がブーム!? | Excite エキサイト

誰からチョコレートを貰いたいか?
30年生きてきて、あまりチョコレートを貰った記憶がない。
片思いをしていて本命の人からとか貰ったらすごくうれしいんだろうなぁ。
母の日はお母さんありがとう。
父の日はお父さんありがとう。
誕生日は、これまで元気でありがとう、もしくは産んでくれてありがとう。
バレンタインは、大切な人に気持ちを伝える日。
なんだっけ。。
女性から男性にチョコレート
という図式であれば、なんでもいいのだろうか。
恋愛のイベントだとしたら、恋愛から遠くなって久しいことに気がついた。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-26 23:55 | ひとりごと

給食費の滞納?

Excite エキサイト : 社会ニュース

給食費を払わないというのは、すなわち食い逃げと同じである。
外で食べてお金を払わないのは、恥ずべき悪しきことである。
というのは、誰でも理解できる。

払わないことに際して、
「○○は義務教育の一環でされるべきだ」とか屁理屈をこねて
自己を正当化させる人もいるというけれど、
これは、屁理屈であって、、ようは、
「払わないのが当たり前であり、払わなくても恥ずかしくない」から
払わないのだろう。

電車の床に座り込むのは迷惑行為の一つだけれど、
座っている人は、それを恥ずかしいと思っていないだろうし、
大勢が座り込む電車なら、座り込むことになんら抵抗を感じないだろう。
(逆に、満員電車の雰囲気で一人座り込んでいる人は滅多にいない)

「やっていいこと。だめなこと」は、ルールブックがあるわけでなく、
罰則規定があるわけでなく、警察が見張っているわけではなく、
社会の目という空気によるものが多く影響するだろう。

空気を作っていくことが大事だと思いつつ。
給食費滞納とまではいかなくても、自身が、良識ある人から
白い目で見られないようにセルフチェックも必要だと感じた。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-25 21:48 | ひとりごと

レンズが届く

会社の帰り、キタムラにレンズを受け取りに行った。
予約したときから、なんだかものすごく待たされた気がするが、
とりあえず、当初欲しかったものは揃ったことになる。

でも、
ビデオカメラなみに遠くを撮るには、重い望遠レンズが必要。
ちょっと暗いところだと、すぐにシャッター速度がついていかず、
明るいレンズが必要。
望遠で明るいレンズは軽自動車ぐらいの値段。

そして、好きな人が絶賛する「良いレンズ」の写りの違いは、
わからんひとには、よくわからん。

こんな世界なんだろか。一眼レフって。
写真ってそんなにえらいものなのかどうかはイマイチ不明である。
ここでしか撮れない、こいつでしか撮れない一瞬を切り取ったり、
自分の目を超えたモノを切り取ってくると、はっとすることもあるのだが。。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-24 22:14 | テーマ:ハイテク小物

キタムラからの電話

2ヶ月ぐらい前。
一眼レフカメラの予約をカメラのキタムラで行い、
去年の12月の中頃に手に入れたのだが、その時に
交換レンズ2本を注文していた。
レンズキットのレンズだけではちょっと不都合がありそうだったので、
一緒に注文したのだった。

そして12月、カメラが届きましたと連絡を受けて、
カメラは受け取ることが出来た。
しかし、予想に反して(レンズが早く届くと思ったのだが)
交換レンズ2本は1月過ぎても入荷の連絡が無かった。
「うーん、どうしたんだろう。」
2本とも違うメーカーのレンズだったのだが、
レンズというのは注文して3ヶ月近くも待たないと手に入らないような品薄なんだろうか。
疑問に思い、先週末に確認の電話を入れてみた。
電話に出たお姉さんは、予約伝票をみて、
「申し訳ございません。月曜日にメーカーに連絡入れて状況を確認します!」
と言っていた。
そして、月曜日、キタムラからの連絡によると、
「P社の交換レンズは、火曜日到着、S社の交換レンズは水曜日到着になります。」
という、なんだかあっさり素早いものだった。

たまたま、どちらにしてもこのタイミングだったんだろうか。
それとも、、もう一週間早く電話してたら入荷も一週間早くなっていたような気も
しないでもないのだが。。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-23 21:49 | ひとりごと

エキサイトブログは、ブログトップページの左の方に、
「トラックバックの多いニュース記事」というものが並んでいる。

これを日をおって見ていると、不二家の問題があって、
次はあるあるのデータねつ造問題が上位を占めるようになる。
(記事に対して時間で区切ってトラックバックを集計しているから当たり前だが)

そんな中で、信頼を裏切った!とか、いろんな意見が飛び交っている。
自分がいろいろなニュースを読んでも、そりゃぁ、大変だ!と思うけれど、
イマイチ、自分のこととして意見を言うに至らない。
そんなに我がことのように引きつけて考えられないのもあるけれど、
こんなに短期間で、次々とニュースが飛び込み、そして消化されて出て行く
それが栄養になって体の一部になればいいのだけれど、
なかなかそういうわけにもいかない。

情報を発する方も、(食べ物を提供する方も)
受け取る方も、難しい世の中である。

自分の信じる好きなモノを食べ、好きなように健康管理をするのが
一番楽なのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2007-01-22 21:50 | テーマ:ブログ