<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

お金の使いすぎ!

「お金の使いすぎ!」
と相方に言われた。
今年になって(海外出張が決まり)20万以上するノートパソコンを検討3週間ぐらいでぽんと買ってしまったりするのが大きいのだろう。
相方は「仕事で使うにしても好きなもの買って!」
というが、何故か自分はそんなに好きなものを買った気がしない。
(パソコン買ったり新製品触るのは大好きだが)

自分の中では、「時間はお金で買える。(時間を短縮できる道具など)そして、好きなことや物のために、どれだけ時間を使ったかが贅沢な行為の基準」である。


価格について考えるなら、「いろんなお店を見てあるいて比較して決めたセールの一品は、手間をかけずに最短の時間で買った商品と結果的には同じ価値になるか、それ以上の価値になる」

何かに金を出すとき、払うとき、対象の生み出す時間価値を目的にするのか、それとも、対象にこれまでかけた、これからかける時間によって得られる価値を大事にするのか、考えるべきである。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-31 22:36 | ひとりごと

コードとの戦い

自分は、家電とかパソコンを触るのが好きでありちょっとそれに関わる仕事もしている。
世の中には、電気製品の仕組みや操作なんて興味もないし知りたくもないっていう人もたくさんいるから、自分はまぁ幸せなほうである。

しかし、自分は「向いてない」ところがある。
一つ目は、全般に不器用なところ。これはまぁ、何をするにもついてまわるので仕方がない。
そして二つ目は、コードを扱うのが大嫌いなことである。

これは、パソコンや家電を引っ切りなしに触る自分にとって致命的である。

普通、コードというのは配線さえしてしまえば、滅多に差し替えたり引っこ抜いたりしないから、上手に目立たないようにまとめればそれで十分である。
しかし、ひとたび配線をしなおそうと思った場合、まとめられたコードはたいていの場合、ぐっちゃんぐっちゃんになっている。

機械を設置場所から移動させたり(コードを抜く必要がある)新たな配線をするのに、かならずからまったコードをほぐすところから始めなくてはいけないというのはものすごいストレスである。


このストレスを少しでも減らすためには、

○片付けるときは、複数のコードを一緒にしない。
束ねて小分けの袋にいれる
○配線は、立体的に。短い配線は極力床に這わせない。
○使う長さだけ配線。余ったら個別に束ねて立体的にしておく。
○複数のコードをまとめない。

縦に配線し、床に這わせないこと、(重力に従わせる)複数の配線をまとめないことで、単独のコード抜き差しが楽になるはずである。

まぁ、接続したら3年はそのままという状況なら、綺麗に配線したほうがよさそうだが。。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-31 08:57 | ひとりごと

娘と言葉

帰りがけ、家に電話を入れたら、いきなり怒られた。
「今朝、りんりんって言ったじゃん、それで大変だったんだからね!」 
我が家は昨日の夜から今日の午前中にかけて、二人とも仕事で家をあけてしまうので(夜は帰っていたが)、娘を見てもらうために実家の母親を応援に頼んでいた。
今朝、みんなで朝ごはんを食べるところまでは順調だったのだが、自分と相方がまた仕事に出、午前中、それも眠くなって来たお昼近くに事件は起こったらしい。

朝、自分が母親に、外で遊ぶならりんりん(三輪車か自転車)あるよ、と伝えた。
母は、ずっと家で遊べるから大丈夫と答えたのだが、娘が側にいてその言葉を覚えていたらしい。

三輪車では遊ばせたようたけれど、「大きいりんりん」と駄々をこね、仕方がなく一回りしても飽き足らずに、帰って来た相方と母を相当困らせたようだ。
今回は眠かったりしたのもあり、偶然かもしれないが、娘は単語単位でかなりしっかり聞いていて(都合よく?)
うっかり口を滑らせるとあとあと困ることになるかもと思った。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-29 20:22 | ひとりごと

朝の散歩、その2

今朝は五時頃に娘が起きてしまい、相方もそれで目を覚ました。
そこで相方と娘と三人でいつもの公園に自転車で行くことになった。
三人で行くとカメラを持っていったりといろいろ勝手が違うことがあるが、その分気分も変わる。
娘がいつもよりあんよ!が多かったのはやっぱり楽しかったからだろうか。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-28 08:53 | ひとりごと

娘との時間

平日、自分の生活において娘と直接関わる時間はほとんど朝がすべてである。
帰り、定時に帰れば起きている娘に会えるけれど期待はできない。

最近は日も長くなったので雨が降っていなければ朝の五時半ぐらいから起き出して、近所の公園に二人で行くのが良い感じである。
抱っこすればウェイトトレーニングになるし、公園内なら適当に歩かせてもいい。
散歩以外(娘は鴨とか鳩とかわんわんを診る)目的がないので、余計なストレスがない。(まんまが出てくる時間には帰らないといけないが)

本当はもう少し早い時間だと日の出に間に合うのだけれど、さすがにあんまり張り切っても仕方がないので日の出はもう少し日が短くなるまでお預けである。
(本当は日の出の光を浴びるのが最高である)
[PR]
by stafy77 | 2007-07-27 21:35 | ひとりごと

映画:僕の彼女を紹介します

韓国の映画「僕の彼女を紹介します」
を見た。

強くてかっこいい、しかも好きな人には一筋のキャリアウーマン 、
(韓国ではそんな女性が憧れの対象?)
これまた恋人一筋のカッコイイ男が出て来て、コメディありアクションあり、なにもかもぐっちゃり詰め込んだ作品という気がした。
伏線も(ご都合主義だが)ちゃんと張られていて、最後に、(なるほど)と思うところもある。
出てくる役者さんが好きな人ならあのシーンがいいよね~、とか思うところも多いだろう。

でも、(たぶん)この映画の主題になっている、
(この先ネタバレあり)
死という別離にたいして、死んでしまった「僕」が語るのはあまり上手に出来ているとはいえない。
設定、起こることが全てご都合主義で塗り固められていて、最後の方になんども起きる「奇跡」はかすんでしまい、印象が残りにくい。マンガちっくというか、嘘臭いのである。

彼女をもっと普通の人にして、起きる出来事をささやかなことにするか、「僕」もっともっと超人的にして(実は誰かの生まれ変わりとか、最初から自分の運命(使命)を全部知ってこの世に来たとか)

そんなふうにしないとテーマはかすんでしまうだろう。
エンターテイメントとしては今のままでいいのかもしれないが。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-26 08:59 | ひとりごと

帰りを急ぐ

毎日、今帰れば起きている娘に会えるかもしれない、と思う時間がある。
でも、いろんな葛藤の中、無理をして帰っても一緒にいる時間は、次に何かをするための支度だったり、慌ただしいものである。

一緒にいる時間さえもが毎日の消化メニューになってしまうのは、実は一緒にいない時間に積み残しがあるからである。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-25 20:45 | ひとりごと

火曜の朝

a0006436_8263699.jpg

天気もよくて、久々に娘と朝の公園へ。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-24 08:26 | ひとりごと

娘の誕生日(当日)

日曜日は実家に戻って誕生日前日に誕生日をお祝いしてもらったけれど、月曜日、ほんとうの誕生日は、娘は保育園でおめでとうをしてもらった後に家でお祝いをした。
娘は昨日、一緒に買ったミッフィーのマットパズルに大ハッスルしていた。
せっかく組んだマットをあっという間にばらばらにしてしまうので、マットとして機能しない。

ママの手づくりケーキ、二歳のロウソクは一回で吹き消した。

お願いごとは何かしたのかなぁ。

次の一年も健康に過ごせますように。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-24 08:24 | ひとりごと

誕生日プレゼント

a0006436_181847.jpg

実家とうちの共同の誕生日プレゼント。

(内心少し複雑)
ものを頂くというのは、けっこうしんどいことである。
[PR]
by stafy77 | 2007-07-23 01:08 | ひとりごと