<   2007年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

宝くじ当たったら。

宝くじの季節
当たったときの使い道を考えるのが楽しい下層社会の人間
(年間数千万~数億稼ぐ人が宝くじを楽しみに買うかどうかは自分は知らない)

以下、あぶく金を掴んだときの使い道。ただし、貯金という選択肢は外す。

300円→財布に紛れて不明になる、またはその場で次の宝くじを買う。家族に報告なし

1万円→財布に紛れて不明になる、または、帰りにケーキか美味しいお惣菜でも買う。家族には事後報告

10万円→現実的な旅行の計画を立てる(ほぼ固まって、反対されない時点でプランニング込みで家族に報告、相談。都内スイートとか、南のほうとかあまり現実的じゃないのがいいなぁ)
あるいは、パソコンパーツに変える(家族に報告なし)
あるいは、財布に紛れる。これはしばらくお金を引き出さなくていいので貯金と同意である(家族に報告なし)

100万円→これが1番難しい。
本当に欲しいものであれば一年ぐらいがんばれば買えるから。

大型テレビを買う
(AV回りの買い替え計画はあるがそれとは別として。)
当然、家族に報告

金(GOLD)に変える。現金での貯金と違って、ちょっとした自己満足になる。
紙幣価値が変動した時ににやっと出来るかもしれない。(家族に報告なし)

1千万→車を新しくする。家を買うときの頭金。(家は高いのであらたな貧乏ローン生活が始まるかもしれない)(家族に報告)


3億円→ 自分が住みたいところに家を買う、あるいは、自分の住んでいる自治体に、公園整備費用、図書館などに寄附(こういうところに口と金を出せる機会はなかなかない。口を出すにあたって勉強も必要)
あるいは、堅実なところに出資する。(年Ⅰ%でも300万円)

以上、思い付くのをなるべく現実的ではないように並べた。
現実的なのはたとえば、老後への蓄えとする、子供の学資とする。車の減価償却(買い替え資金)その他本当に必要な物品購入などである。もしかしたら、上記の中にも、これは必要というのはあるかもしれない。
もし、宝くじが当選したら、これら現実的な使い道を検討する可能性は大いにあるが、大事なのは、現実的なプランは宝くじが当選しなくても検討しなくてはいけないということである。

今の収入レベルと生活スタイルでは何をどうするべきなのか?
これをなんとかするプランは宝くじでは買えないが、普段の努力で夢は叶う。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-30 08:59 | ひとりごと

横須賀線

a0006436_2381518.jpg

帰りの横須賀線
[PR]
by stafy77 | 2007-11-29 23:08 | ひとりごと

ワンセグケータイ

電車の吊り広告などで、「ワンセグケータイ」というものをよく目にするが、同じ車内を見回すと車内でワンセグケータイを使っていそうな人はすごく少なかったりする。
何かをしている人のうち、音楽?を聴いている人はかなり多い。あとは、車内では本を読むか、ケータイメールするか、ゲーム機で遊んでいる人が大半である。
ワンセグは本当に使われているのだろうか。
ひょっとしたら、家で、ベッドサイド、キッキンサイドで活躍しているのかもしれないが、そもそも見るべきテレビ番組はあるんだろうか。

放送方式と受信装置の多様化は進化していると思うが、今は昔のようにみんながテレビをみる時代ではないし、なにがなんでもワンセグではないだろう。

むしろ、日本のケータイには日本語でのメール入力という大きな役割があり、こちらをもっと便利にしてほしい。

ただ、ワンセグは大規模災害時に放送が生きていれば、心強い味方となるかもしれない。
ケータイは、誰もが持っているデバイスだからである。

もし、基地局が生きていれば、自分の情報を送信することもできる。
GPSを標準搭載して写真、音声、文章がなるべく簡単に送信できると、いざというときに便利かもしれない。、
[PR]
by stafy77 | 2007-11-28 09:05 | ひとりごと

音楽環境

TOEICの試験勉強がひと区切りついたので、今までは通勤中は英語専用だった東北パイオニアのノイズキャンセルヘッドフォンで、通勤中に音楽を聞いてみた。

このノイズキャンセルヘッドフォンは完全に外音を遮音するのではなく、低音を軽減するぐらいの効果しかない。
その効果は、大袈裟に言えば、通勤電車から特急に乗り換えたくらい。控え目に言えばモーターのある場所から違う場所に移動、車輪の近くから遠くに移動。開いていた窓を閉める、ぐらいである。

ただ、ボリュームを落として聞けるのは確かで耳への負担は普通のヘッドフォンに比べて確実に少ない。
また、そんな理由で、「もうちょっと小さな音で聞けるかな?」という意識が出てくる。

(残念なことに、このヘッドフォンは音漏れも多いが)

音質は、まぁそれなりである。自分は、移動中は圧縮音楽しか聴かないのでそんなにこだわりはないが。。
ただ、ダイナミックレンジの広い音楽を聴くと、状況によっては「まったく聞こえない」場所が出てくる。(止まっていた電車が走り出したなど)

これはちょっとしたストレスである。

周囲の音レベルをマイクで拾えるなら、出力音量を追従できるようちしてあれば、すこし親切だったかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-27 19:27 | ひとりごと

秋の色

a0006436_5481696.jpg

秋の色
[PR]
by stafy77 | 2007-11-26 05:48 | ひとりごと

日曜日

TOEICの試験を受けた。
感触は、まぁ、予想はしていたがぼろぼろだった。
勉強不足もそうだけれど、二時間もアルファベットを読み続けるのは思いの外しんどかった。
次回への課題はそのあたりからだろう。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-26 05:43 | ひとりごと

こどものくに

土曜日、実家で子供とお泊りの二日目。
娘とじいじと自分の三人でこどものくにに行ってきました。
娘の希望もあって、電車でお出かけ。
本当は車でのほうが全然楽なのですが、じいじも娘を電車に乗せたいらしい。
こどものくにでは、滑り台、ミニSL、ポニー乗馬などいろいろ楽しみました。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-25 15:39 | ひとりごと

金曜日

相方が二日間家を空けるので、三連休の最初は娘と二人である。

家に閉じこもっているのもなんなので、実家に帰ることにした。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-24 07:14 | ひとりごと

お土産と大人の時間

どこか旅行に行った時や、何かこころにヤマシイことがあった時ではなく、普段、仕事の帰りになんとなく立ち寄って買って帰る甘いもの。

昔はよく買っていたが、最近はそんなに頻繁ではなくなった。
理由は、相方がそれほど甘いものを好まなくなったこと、それから、子供が出来て、夜の大人のおやつを食べる機会が減ったこと。それから、通勤経路(時間)余裕がなくなり、毎日まっすぐに家に帰るようになったこと、自分自身が太ったこと、などなどが重なったことがあるが、それでもたまに甘いものが欲しくなることがある。

今日はモンプティシュのシュークリームを買った。
以前も書いたが、ここは、固めの生地が特徴でたぶん、工場直営店で買ってすぐに路上でたべるのが1番うまい。
時間がたつと、冷蔵庫やクリームの湿気で皮が柔らかくなってしまい、1番おいしい状態では食べられない。

買う時間が夜であり、製造からすでに数時間経っているのを考えると些細なことかもしれないが、やっぱり、明朝よりは、今夜の「大人の時間」に食べるほうが旨かったりする。

そういえば、自分は子供の頃に、「大人の時間」に目を覚まし階下の居間に降りていくことがよくあった。

さすがにケーキはなかったが、お茶とちょっと甘いものにありつけるのだった。

子供に、寝る前、または深夜に甘いものを与えるべきではない。
変な生活週間になってしまう。
といっても、「大人の時間」は、夫婦の貴重なコミュニケーションの場所なのでは、と感じたのは自分が大人になってからである。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-22 19:50 | ひとりごと

ここのところ

なんだか、もやっとした気分が続いている。
何故だかわからないのだけれど、こんな時、原因はたいてい未来のことではなく、現在までの生活の中にあり、その問題をクリアすることで、自分のテンションを正常化できることが多い。

原因を放置したまま先に進むともやっとした自分は解消されるが、知らないところで負け癖がついた総合力の弱い自分になってしまう。

自我の下に埋もれた強いトラウマよりも、こういう小さなほったらかしがよっぽど厄介である(医者にかかったり問題視しない分)

さて、今回は何がひっかかっているのだろう。
[PR]
by stafy77 | 2007-11-21 19:29 | ひとりごと