<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

デフラグが好き。

夜、家に帰ってから洗濯物でも干そうかな、と思ったとき、たいていパソコンのキャッシュを削除してデフラグをかけている。

デフラグは、バソコンの中の分断されたファイルをまとめてくれる機能だけれど、裏でこつこつ作業を続け、最終的にはきちんとまとめられる(結果が色別に表示されたりする)と快感である。

本当はデフラグはそんなにしばしばする必要はないし、逆にこの時期はハードディスクに負担をかけ故障の原因にもなるのだが、、それでもウィルスチェックより好きなのは、結果が前向きだからだろう。

前向きに見える結果が出ることが好きである。
鉄道を引いて街が発展するシュミレーションゲームも好きだが、これも同じ類だ。

最初にきちんと先行投資しておけば、あとは勝手にパソコンが仕事をしてくれる。
このゲームには上に書いたこと以外にも二つほどつぼがある。
一つ目は、街のイメージを頭に描くのが簡単であることである。
そりゃぁ、街に住んで毎日鉄道を利用しているから、「自分がかっこいいと思う風景」を箱庭イメージに思い浮かべるのは難しいことではない。

二つ目は、実際にそれを箱庭に反映させるのはとても難しいということである。

これは、ゲームゆえの難しさ(ゲームには経営的な要素もある)である。

自分は、ゲームで思うにいかなくなったとき、始めからやり直してしまうことが多いが、これは安易な道だろう。
現実に近いルールを自身の遊びかたに選択すれば、ゲームはもっと難しく、また面白くなる。

さて、上記、パソコンの自動作業と、イメージしやすいゲームにはまる話しを書いたが、現実に設定する目標にはこれの逆をいくことが多々ある。

例えば、目標をイメージとして頭の中に存在させることが難しい。
試験合格をいくら願っても、日々の作業、細かくは一つひとつの問題の姿を頭に思い浮かべることが出来ないと、試験、いや、試験勉強に望んで効果は薄い。

それは、箱庭ゲームでやみくもに線路を引くようなものである。

そして二つ目は、パソコンでは自動的に言われたことをしてくれるけれど、現実には、それをするのは自分自身だということである。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-30 08:04 | ひとりごと

WACATE レポート その3 深夜の戦い

メンバーが皆、席をたった後、彼は一人座っていた。
自分には、彼が頭を抱えている理由がなんとなくわかった。
たぶん、納得がいかなかったようである。
もうちょっと議論したいことがあったのでは、と思ったが
正直、自分は彼がどんなことを考えているのかよくわからなかった。

同時に、自分自身も今回の流れに特に不満があったわけではないけれど
アカデミックな部分に関しては(自分の事前勉強不足もあって)
少し、消化不良を感じているところがあった。

彼の想いは自分よりもう少し現実的に先を行っていたのだろう。

実行委員会の人が通りすがったので、少し今までのことの話を
聞いてもらった。

彼が考えていたのは、「いかにテスト機能をしぼるか」という
ロジックだったように思う。
それは重要なことだし、方向は間違ってないのだけれど
班の中での残された時間の使い方は「いかに相手の営業を納得させるか」
になってしまったため、
「その判断/作業に時間をかける必要なし」
という理屈に意見がシャットアウトされたのだった。
それは、考え方を全否定されたように思ってしまったのかもしれない。

適当に話をして、彼は風呂に行き、自分はなんとなく
だらだらと、まわりの人と話をしていた。

彼は納得してくれたのかなぁ。
いや、あの感じだとまだ消化不良かな?と少し心配だった。
が、風呂から戻ってきた彼は、自分にさらなる提案を持ちかけた。
それは、かなりの爆弾発言だった。

彼:「明日の発表で、テスト実行の凍結を提案したいのですが、
 どうですか?」

自分:「それは何故?」

彼:「現状の仕様書からできる範囲の試験では、重大な不具合が
   残る可能性があります。ユーザーにとっての不利益、回収
   などにつながった場合の費用に高いリスクがあります。」

 そんな意見だったと思う。

自分は、「自分が彼の意見にどう思うか?」はさておき、
「どうやったらチームにそれを納得させるか?」ということを
考えたほうが良いと伝えた。

しばらくして、うちのチームを引っ張ってきた
一番経験の長い女性がやってきたので、彼が、切り出した。

彼:「明日の発表で、テスト実行の凍結を提案したいのですが、
 どうですか?」

彼女:「だめ」

彼:「・・・」

がっくりと首をうなだれる彼。
ちょっとまった。大事なことを何も話していないだろう・・・

もう一人、経験の長い人が一緒にいて、フォローに回ってくれた。


そこで話されたことは、

1.その策自体は、代替案であり、根拠と、「そうでなければ」
どうするか、というアイデアがしっかり説明できなければいけない。

ということと

2.また、一般的にはあまりすべきではなく、
(仕事を請けることができないということで)
するとしたら本当にこちらの営業が
自分の隣で一緒に謝ってくれるときだよね。

ということだった。

1に関しては、彼は完全に理解していて、だからこそ
最初に自分に打ち明けてくれたのだろうけれど、

説明の仕方で、それをわかって説明している、ということが
なかなか伝わらなかったようである。

そこで、経験が長い先輩から、「いかに、相手の営業に
訴えるか」という、「伝え方」の指導があった。

ポイントは、「ご存知とは思いますが・・・」という言葉を使ったり
こちらが一方的に情報を判断して見解を述べるのではなく、
同じ目的に対して、一緒に問題の解決を考えるような、伝え方にする
ということだった。

(たぶん)深夜2時ぐらいの出来事だった。
このセッションは、「とことん話す」という意味でかなり有意義だった。

結局、自分は朝まで起きていた。
そのせいで、次の日のお昼から爆睡していたのだが・・・
---------------------------------------------------

2日目 怒涛の方向転換

朝、何時に起きるとは決めていなかったが、他の班では
早く集まってもくもくと作業を進める班も有り、自分の班も
朝食後、作業にかかった。

これは、「プレゼンテーション」ですべてが決まると思っていた。
発表者は、お客様窓口の係りの人がするという班内での暗黙の了解が
あったため、あとはどのようにプレゼンするか、というところだった。

自分は、プレゼンの進行に使えるパワーポイントの
スライド資料を作り始めた。
そこには、自分の班の分析(強み)検討した内容から考えられる方針、
今後のテスト内容スケジュールが盛り込まれる予定だった。
(もちろん、ターゲットの具体的な価格の提示は、相手の営業に
良い印象を与えないということで表現の検討がなされた)

相手の営業は、製品や、資料の読解の知識に長けているわけではない
ということで、こちらで伝えなければいけないことを、いかに
印象として的確に伝えるか検討した結果
必要な資料のみ、電子化して、スライド資料にちりばめることとなった。
(実際には時間がなかったことが大きいが)

という流れで、作業が動き始めた後、、

実行委員会側より、発表についての規定が提示された。

そこには、

○相手の営業に対するプレゼンではない
○作成した資料すべてを電子化して発表する

という旨の内容があったのだった。

そして、班はすべてを電子化し、新しい発表資料を作成するために
再び、大幅な方向転換をはかったのだった。

経験の長い女性がテキスト資料を作成し、残りのメンバーが
資料の確認と電子化を行い、なんとか時間までに体裁を整えた。

そして、発表では、価格想定をしたことを中心に、発表が行われた。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-25 00:49

こんな携帯のソフトが欲しい

携帯のカメラが突然こわれ、携帯の機能について、ちょっと考えた。

使えなくなりあらためて気がついたが、自分は携帯で写真を多く撮っていた。

昔撮ったのを見直すこともあり、一覧形式で見るのだが、これがけっこう時間がかかる。

そこで写真を中心とした、対話型エージェントソフトが欲しいと思った。

機能は、撮った写真の対話型カテゴライズ、場所、人、状況、コメント等の情報収集、および、エージェント(キャラ)が写真の感想を述べる機能、である。

実は対話型というのがキモで昔、インターネットで人工無能なんていう言語収集AIが流行ったが、今、身近なコミュニケーションの中心はパソコンから携帯に移っており、このようなエージェントは携帯に向きだと考える。


画像識別技術は最近流行りの顔認識を始めずいぶん進歩しているが、この識別を(擬似的に)人格を持ったキャラクターが、撮影者の絵を見てくれる、という図式にすると、なんだか親近感を感じる。

例えば、写真の一番左の人の顔を認識して「左の人は誰?」
って聞いてくるとか、そこで名前を入れたら、「あの時、一緒だったよね」とか返事してくれるとか。


エンターテイメントの部類としては、いいかなぁという気がする。

まぁ、忙しい人向きではないが。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-24 08:13 | ひとりごと

嗜好の変化

新しい携帯に「全部入り」とうたっているものがある。

昔は新しい高機能の携帯はなんでも欲しかったのだが、最近そうでもない自分に気がついた。

他の人もそうだろうか。

自分の新しいもの好きの内容は、定義された機能よりも、オンリーワンの機能だったりする
だから、「全部入り」に携帯に必要?な「全部」が定義されていると思うと、ちょっとつまらない。

逆に、「入ってない」「レトロ」が斬新と思えたらそっちに手が延びるかもしれない。
これは、特殊な人間の嗜好だろう。

もうひとつ、自分が携帯に求めるのは、必要な機能である。

例えば、携帯でテレビを見ないことはわかっているので、ワンセグは不要、といった具合である

使わない機能があっても無駄だし、(付加価値をつけることで個々の機能を安価に提供できるのかもしれないが)、素人考えでは、余計な機能に金を払うというのはある意味無駄に思える。

これは案外多くの人が感じていることではないだろうか。

食事のステータスが家族で行くデパートの大食堂から、友達と行く専門店に変化したように、「食べたいもの」がわかれば、全部が揃うところに行く必要はない。
大食い、バイキングも一時期より下火になったが、みんなが量があるところに行く必要もない。

携帯においても、全部入り→フラグシップというのは、技術屋の作る見本品であり、マーケットに合致しなくなるのかもしれない。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-24 07:51 | ひとりごと

WACATE レポート その2

その2

 STEP2の最後に、どんな機能があるか一覧を
 作る作業を行った。
 (それらは、質問の答えを利用することになっていた)

 そして、STEP3では、優先度やテストに関わるその他要因も含めた
 テスト計画のドキュメントを。STEP4ではテストする範囲(内容/人員)をきちんと
 定義したドキュメントを作成し、
 STEP5でテストケース(またはその部分)を作成するという段取りだった。

 正直言って、自分はSTEP3と4でどのような事を行うのか、正直よくわかっていなかった。
 (他のメンバーもよくわかっていなかったかもしれない) 

 まずは、STEP2で作成した機能一覧に優先度づけを行うことが決まった。
 ユーザーにとってなくてはならない機能
 そこに不具合が発生した時のリスク
 この二つの要因を掛け合わせたものを数値化し、対象機能に設定した。
 
このあたりで、当初のタイムリミットがやってきて、
 全員に残りのSTEPが配られた。
 
 そして、4のSTEP課題に取り組むことになるのだが、
 4でも、いまいち何をするものなのかわからない。
 とりあえず、機能からテスト詳細に落とし込む前段階のケースをマインドマップで
 書き出すところから始まった。
 「発表時には、提出物は電子化すること」というルールが判明したため、
 お客様担当、係のメンバーは、これまで手書きで作ったドキュメントを
 電子化する作業に注力することになった。

 このあたりでは、(リーダーがタイムキーパーの役割もしていたのだが)
 あと●●分で××を!と言うも、進みはあまりよくなかった。
 
 そして、話が、どれぐらいの深さのテストを行うかというところに及んだ時
 だっただろうか。
 一番経験のあるメンバーが、商品の値段に言及した。
 「これは、高級な商品ではない!」
 
  高級な商品ではない。しかも、テストを行うにしてもギリギリの納期しか設定されず、
 おそらく、開発費にも余裕はない。(テストを行う費用の余裕もない)
 そして、安い商品を購入するユーザーも過剰な期待をしていないだろう。
 よって、テストは、時間の中で考えられる限度(かつ最低限かつ重要)な
 ものを実施する。

 「過剰品質」の考え方にも触れられた。

  そして、もうひとつ重要なこととして、発表のスタイルは、
 「お客さんの営業の人へのトークとして行う」ことに決めたことである。
 このトークの中では、戦略の過程やチームの強みは語られるが、
 複雑な資料について直接説明することは(必要に応じて)行わない。
 
  ここで、1980円という値段が決まり(最終的には980円になる)
 その価格で購入するユーザーが望む品質についての考察が行われた。
 この考察に基づいて決まった機能と、その前に優先度づけで決まった機能の差異が、
 自分にはよくわからず、混乱した。

  このあたりのプロセスはかなりの勢いで行われていた。
   
  さて、STEP4の成果物もだいたい完成し、見直しをしていた頃、
 (営業へのトークをするにあたって必要な情報はそろったと思われた)
 「実はSTEP3に4の内容が被っているのでは」と提案する人がいた。

  彼は、テストをする機能を絞り込むにあたり、もうすこし
  アカデミックで体系的な方法を検討していたようだが、
  「今の主目的は、高品質化ではなく、ニーズに合ったテストである
  と、反対意見を受けた。(ように見えた)
  (ここのやり取りは、正確ではないかもしれないが、彼はうーんと
  悩んでしまった(ように見えた)
  
   が、最終的にその日の作業を終了し、全員が席を立っても
  彼は座ったままだった。

   自分は彼の話を聞いてみることにした。


 
[PR]
by stafy77 | 2008-06-17 00:05 | ひとりごと

WACATE レポート その1

1.はじめに

この文書は、WACATE2008夏についてのレポートです。
 このレポートは、日時、開催場所、プログラムを除いて
 参加者(私)の体験した個人の感想を記載しております。
(WACATEにおいて、共通の知識習得過程はなく、
 参加した個人の数だけ違う体験があります)

2.WACATE概要

 6/14日、15日の二日間開催
 
 MAINの企画 

 参加者は1チーム6人程度のグループに分けられ、
 主催者側よりお題として渡された案件と(穴だらけの)仕様書を
 元に、実質1日でテスト計画を作成し、最終的に発表する。
 
 初めて顔をあわせる6人のメンバーは、あらかじめ提出してある
 ポジションペーパーを元にセッションした後、
 チーム内でのロール(役割)を決め、体制図の作成から、
 仕様の検討・・・テストケースの作成まで、STEP毎に課題を
 与えられ、検討、成果物の作成を行う
 ひとつのSTEPが終了したチームは、その課題の提出と引き換えに
 次のSTEPの指示書を受け取る※

 ※当初は最終STEPの制限時間は1日目の18時45分と設定されて
 いたが、その時間に最後のSTEPにたどり着くグループが
 なかったため、定時(締め切り)終了後に残りのSTEPの指示書が
 すべて渡された。

 2日目にそれぞれのチームは発表を行う
 
 その他の企画
 ・スピーカーによる講演
 ・バーベキュー大会
 ・酒有り分科会 ・・・等

3.私のWACATE
 自分の所属した班について書きます
 なるべくシンプルに、よかったところ、悪いと思ったところ
 印象に残った部分をかいつまんでみます

○自分の班はどんなだったか?
 ■成果物の質
 (周りの班より)良くないと感じた。
 エクセルのレベル、内容など
 →なんでだろう。
  ・検討結果が浅かった?
  ・メンバのシートを作成するスキルが低かった?
  ・最初に、「成果物のレベルは大切ではない」と言われたから?
  ・途中でいったん、方針を方向転換(後述)したから?

 →いずれにしても
 見栄えのあるものを作成する必要はある!(発表でも実践でも)
 かつ
 発表の練習もするべきだった

  ・方向転換したことについて
 うちの班は「資料の発表」から、「成果物を利用した
 お客様への説明」に方向転換を行い、発表日になって
 改めて、「成果物の発表」を行うスタンスに戻した。  
 (お客様への説明段階では、お客様は対象に詳しくない、権限も
 ない人間であるというポイントより、資料を詳しく説明するのは
 得策ではないという判断があった)
 
  →であれば、「こういうことを考えていた」と
 お客様へ話しかけるつもりで、スピーチを行うべきだった!
 それが、ルールから逸脱していても、班としての検討過程の成果物は
 おそらく、そちらにあったから。

 ■マインドマップ、ブレインストーミング
 ・これらのツールを活用して議論をしている班があったが
 うちの班はそれをしなかった。
 
 自分は、それらのツールを利用したことがある、または、
 個人的に知ってはいたが、自班に展開ができなかった
 →会議に利用する方法(道具など)を知らなかったから?
 →単にやってみよう!と言い出せなかったか?

 ■良かったところ
 ・価格を想像した計画を立てることが出来た。
 ・お客さんに説明を行うプロセスを検討した。
 ・上記のような観点で、展開できるメンバーに恵まれた!

○途中経過の所感
 ・・・それはかなり混乱していた。

 1.役割決め
 自己紹介、ポジションペーパー発表のセッションを終え
 和やかだった。
 自分が、全体の時間をSTEPごとに割ることを、
 一番経験の長い人に提案し、その人を中心に話し合いが始まった。

 評価対象は、ハードウェアと、PCにつないだときのアプリケーション
 があったため、経験としてエンプラ系と組み込み系がある人が
 それぞれの担当を行い、間の調整&フリーの人員が二人、それから
 お客様相談係(20代との縛り有)開発の経験はあるけれど、
 どちらのテストの経験もない若い子がリーダーをすることに決めた。

 ここで全員が意見を言ったという記憶がない・・・

 自分は、対外的な役割をイメージしていた(実際には正しくなかった)
 のだが、本当は、
 →スキルに関して、このようなテスト計画を行ったことがあるか?
 →どんな本を読んできたか?
 追加のスキル確認を行うべきだった。

 他、
 →スキルと一緒に、物的なリソースを確認したほうがよかった。
 PCが何台とか、(もし見える化するとしたら)ふせん、大きな紙
 カラーペン
 →すると、話し合いの時の筆記係とか必要になっただろう。
 →そして、話し合いの方法も決めるべきだった
 (メモは担当がPCで記録する、
 ・アイデアを出し合うときは、アナログで
 ・それらは、見える化するか、みんなが見える場所に置いたPCで。
 ・最終的なまとめはスキルのある人がPCで、、などなど

 後から思ったことが、何か指示が出た後は、
 みんなが勝手にばらばらやっていて、「一緒にアイデアを出す」
 プロセスが少なかったことだった。

 ・みんなからの意見はちゃんと出せて吸い上げられたのだろうか。


 2.仕様書のチェック、質問票の作成、質問

 ここには、大事な縛りがあった
 「仕様に関する質問は1回、(5分以内)お客様担当
 質問係が行う(つまり質問のスキルも問われる」

 このステップの成果物は、思ったより質を高めることができた
 エンプラと組み込みの専門を分けたことで、目が利く人が
 効果的に仕様をチェックすることが出来き、一番経験がある人が、
 質問をする人にアドバイスをしていた。
 (答えが返ってきやすい質問の仕方にする!)
 (重要なものから順番に聞く)

 ただし、最初に対応し切れなかった問題が、成果物の完成を
 遅らせた。
 「情報の統合方法未定」「アナログ、デジタル混在」である。
 誰がどんな情報を持っていて、それは他の誰かと被っているか
 被っていないか?
  また、質問票を作るため、一人がPCを打っていたが
 そこにはどれぐらい情報が書き込まれているのか判断が
 しにくくなっていた。 

 仕様書の不備、矛盾などをついていたが、重要な観点について
 抜けていた。
 「発売日」「ターゲットユーザー」「価格」などなど

 ***************
 ここで、割り込みでひとつセッションが入り
 次のSTEPから 「時間がない」焦りがとても大きくなっていった

***************

 その2へ続く
[PR]
by stafy77 | 2008-06-16 22:51 | ひとりごと

日暮里とねりライナー不調

木曜日、
日暮里とねりライナーが朝から調子悪かった。
まぁ、乗り物の故障、遅延はリスクの一つなので、それがどうということはない。ただ、二つ問題を感じた。
一つ目
途中駅でドアが開かない駅があった。

乗り切れないから、乗客を乗せない判断はバスではよくある。
ただ、それが、乗客の半分以上が降りる駅であった。

二つめ
上記含め、アナウンスが車内には一切なかった。
ドアが開かない西日暮里は終点の一つ手前で他線と平行しているとはいえ、(意図して行ったかわからないが)アナウンスがないのは困る。

もっと緊急な事態が発生した時に、連絡手段がないかもしれないという不安がある。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-12 07:26 | ひとりごと

マインドマップ

a0006436_8474685.jpg

マインドマップもどき
[PR]
by stafy77 | 2008-06-10 08:47 | ひとりごと

日曜 TDLに行ってきました

家族でTDLに行ってきました。

入って早々に、カリブの海賊が10分待ち
そのあと、ジャングルクルーズ、ウエスタンリバー鉄道、
それから大きな船、
ダンボに行きかけてやめて、アリスの食事に
調子に乗って、アンバースディのケーキなど頼んでしまう。
そのあと、ホーンテッドマンション、
で、55分待ちでダンボ
イッツアスモールワールド
ティーカップ、メリーゴーランドなどに乗る。
最後にパレードを見て、入り口前でキャラクターと写真を撮ってもらって
夕方の早い時間に帰ってきました。
これでも、疲れてよるはぶっ倒れてました。。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-09 05:23 | 相方、子供、生活

賢さとは?

自分は自身、あまり賢くないと思っている。
どんな部分においてそれを感じるか?

一つ目は以前書いたように、環境改善して解決出来る部分をなかなか出来ず、無駄のある行動が多い。
→これは、とりあえず瞬発力の必要は少ないので、改善努力(自己発見、勉強)すれば、徐々に生活しやすくなるはずである。

そしてふたつめ
今はこちらが問題だと思うのだが、
瞬発的に相手の意見に対して、自分の意見を言うのがとても苦手である。
いや、瞬発的でなくても苦手かもしれない。

学生の頃、国語の文章読解は割とよく出来た。感想文を書くのも上手ではないが、苦にはならなかった。


きっと、それは対象の文章が良い文章であり、趣旨がその中で完結するものだったからだろう。

現実には、語られる断片的な言葉から語り手の真意を読み取ったり、自分が感じたものを相手に返さないといけない。

語られた対象について自分の経験知識があるに越したことはない(相手が求めるならなおさら)が、経験知識がないと思うと、提示されたものを「完全なもの」として思考を閉じてしまう傾向が、自分にはあるように思う。

これを解消するには、訓練する必要があると思うのだが、どんなものが良いのだろうか。。
[PR]
by stafy77 | 2008-06-04 07:41 | ひとりごと