タグ:出来事 ( 26 ) タグの人気記事

第四回 起きた直後は自分の時間を

前回、時間の使い方に関する分類を
試みた。
以下、反省。
土曜日、起きた後、子供と遊んでしまった。
それも、布団の上で!
それも、パジャマで!

子供のが小さくて付きっ切りじゃないと
危ないというのはあるけれど
土曜日はそれでモード切り替え失敗した。
朝は1番に起きて変身しよう。
[PR]
by stafy77 | 2014-01-05 06:41 | イケメンになる!

夜空を彩る

予定が変わるとき・・・

横浜の花火大会
開港記念国際花火大会に行ってきました。
大桟橋の上のウッドデッキと芝生のある場所は、毎年定員制で開放されるのですが
(抽選となる)思いもかけず親からそこのチケット2枚をいただきました。

思いもかけずとはいっても、実は一昨年のリベンジ?でもあったりします。
この場所の観覧は非常に快適なのですが、
チケットは毎年抽選倍率があがりつつあるそうです。

レジャーシートをしいて、ごろんと横になっても顰蹙買わないぐらい
ゆったりと見れるのですが、
娘が花火をみて、びっくりして泣いていました。
普段は寝る時間だったのとか、暗かったのとか、なれない場所とか
そんなこんなで落ち着かなかったのかもしれません。
それで、途中からレジャーシートを撤収し、
(完全にいやなわけではなく、おっかなびっくり怖いもの見たさで見たいらしいので)
最後のほうの花火は街灯の下で、抱っこして立ってみていました。
負担かけちゃってごめんなさい。帰りの車の中は爆睡していました。

※車で花火をを見に行くと、花火が終わってから1時間、夜の10時までは駐車場から
出庫できませんので、その時間から寝てたのですが)

a0006436_2545748.jpg
a0006436_255163.jpg

[PR]
by stafy77 | 2006-07-17 02:55 | 相方、子供、生活

袋田の滝

a0006436_1646154.jpg

例によって、朝、8時半ごろから、どこかに行きたい病が始まり、ネットで渋滞状況を調べたところ、首都圏から関東郊外に行くのに、常磐道以外のすべての高速道路が渋滞していた為、常磐道の途中にある茨城県の「袋田の滝」に行ってきました。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-15 16:46 | 相方、子供、生活

エアコンが我が家にやってきました!

ここ3日間ほど、相方の弟さんが泊まりに来ていました。
居間を寝室として使ってもらったので、居間には普段のようにおれず、
帰ればとっとと寝室でくつろぐため、相方をいらいらさせていました。

そんな中、火曜日にようやくエアコンが寝室に付きました。
前回娘が熱を出した時に「絶対必要!」と勢いで買った、ダイキンのエアコンです。
帰りがけに相方に電話したら、
「今、工事してもらっているから、終わっても帰ってくるまで電源入れるの待ってるね。」
とのこと。よく性格をご存知で。
帰宅後、さっそく点灯式となりました。
いつもは寝ているはずの子供も、今夜は何故か興奮状態。
温度を設定し、スイッチON!おぉっ、音も静かで涼しい!
風が真下に来るのがちょっとなぁ。という不満も、すぐに簡単な設定で解決しました。

娘はあっという間に爆睡でした。寝苦しかったのかな。
寝付いた後は、風も出てきたこともあり、エアコンを止めて窓を開けましたが、
本当に熱帯夜になった時には活躍しそうです。

しかしながら、快適!と、添い寝した自分も一緒に寝てしまい、
「人が来ているのになんで居間に来ないの!」
と、また、相方をいらいらさせるのでした。
だって、娘を1人にさせたくないし。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-13 09:05 | 相方、子供、生活

ネットショップでお買い物(データ量の肥大化)

携帯電話での写真・動画保存用に、1GのminiSDカードを買った。※1
上海問屋というネットショップで価格は3,079円(A-DATA製)。安くなったなぁという印象だ。
ちなみに、2001年1月15日の松下の記事には、8MのSDカードを3,300円という低価格で発売とある。


SDカードはこの数年で100分の1ぐらいに値下がりしたわけだ。
(ブランド品の発表価格と、そうでないものの店頭売りを比べているので無茶な計算だが)

2001年頃の携帯で撮っていた写真は(J-PHONEなら)6KBの写メールを送るという
使い方だったから外部メモリに保存する必要がなかった。
2006年現在の自分の携帯では最高解像度で1Mを超える大きさの撮影が出来るが、
メールに添付するのは多くても数十KM止まりである。
撮影サイズはどんどん大きくなっているが、メール添付など送る相手に料金負担が
ある部分では、それほど低価格化は浸透していないのだろう。
ただ、動画や音楽のデータは肥大化する一方なので、全体としてはこれからも
大容量化・低価格化という流れは続くと思う。

ちなみに、2001年も現在も一日の時間は24時間と変化がない。
自分の頭の中も扱うデータ量にあわせて効率などが進歩していれば良いのだが、
そこまでは至っていないようだ。
扱うデータ量自体は、結婚してさらに家族が1人増えたので3倍に増えたが肩代わりして
もらっている部分も多いようである。

※1 miniSDカードは写真や動画や音楽のデータを外部に保存する道具。
PCなどとやり取りに便利。
※1 1G=1000M、700MのCDの1.5倍よりやや少ないぐらい。1M=1000KB


備忘録
その他、上海問屋で買ったもの。
・999円のMP3プレーヤー
 MP3プレイヤー的にはおもちゃ。SDの専用リーダーライターとして手元においておくと便利。
・999円のパソコンにつけるUSBブルートゥース(パソコンで送受信ができるようになる)
買ったけれど、パソコンに使いもしないドライバをあれこれ入れるのはどうかなと思い始め
まだ使ってない。
・999円の、ヘッドホン
衝動買い

合計6000千円程度だが、、
6千円出したらメーカー品のminiSDカードを買ったほうが良かったかもしれない。
ネットショッピングでは、不要なものを大量に買い込む可能性が高い。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-11 11:51 | テーマ:ハイテク小物

いい加減なデート

海に行く!場所は任せて。と言って、相方と子供と車に乗った。
ガソリンを入れて、ビデオのテープをコンビニで買って、
高速に乗って、とあるジャンクションを曲がったとたん、
「まさか、葛西臨海公園行くの?嫌だ!海ほたるに行くのかと思った。」
と言われた。
(葛西臨海公園とうみほたるは、そのジャンクションを右に行くのか左に行くのかの違いである)

とりあえず、数年間一緒にいて、 相手の思っていることも読めないとはお粗末である。
仕方がなく、海ほたるを反対側からわたるべく、千葉の高速道路をぐるりと
ドライブすることにした。
木更津の「さすけ」という美味しいすし屋さんを食べて、なんとか機嫌は回復。
予定通り海ほたるで、亀のオブジェクトの上に載ったり、適当にはしゃぎ、
UFOキャッチャーで2500円もするなど、お馬鹿なことをやって、のんびり帰ってきた。

半日デートコースとしては悪くない。
最初からそのつもりであれば。
男としては、デートコースの柔軟な変更も、能力の一部である。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-09 20:25 | 相方、子供、生活

夜のマンション訪問販売

数日前の夜、やっと子供が寝てくれた直後の出来事。
相方は外出中。子供と一緒にうとうとしていると、唐突に玄関のチャイムが鳴った。
子供が目を覚まさぬよう、そっと部屋を出てインターホンに答えると
「こんばんは。今度近所にデザイナーズマンションが出来ますのでその紹介にあがりました。○○○の×××です」
という若い男の声。
「興味がありませんのでお引取りください」
と言い放ち、次の言葉を待たずに受話器を切った。
子供の目が覚めなくて良かった、と部屋に戻り、ごろんと横になる。

物件に興味がないわけではない。
ここは小さな世帯向けアパートなのでいずれ手狭になるだろう。
そういう意味では彼のマーケティングは正しい。

しかし、自分はこの手の訪問セールスにはまず乗らない。
自分以外でも、たいていの人の反応は似たり寄ったりだろう。
では、訪問セールスは絶対に購入には繋がらないのだろうか。

そんなことはない。
大きな決断をする時、人は「人に頼るタイプ」と「情報に頼るタイプ」にわかれる。
人に頼るタイプは、普段良くしてもらっている人や場所を軸に物を考え購入を決断する。
例えば、たまたま車が壊れて持っていった近くのディーラーの対応が良かったから次に買う車はそこで!と考えたりする。
情報に頼るタイプは、ものの価値を主体にして広範囲から判断をする。
車の例なら、ディーラー問わず、カタログやユーザー評価を穴の開くほど調べ、決断は本人が行う。

不動産などの訪問セールスは、どちらかといえば前者がターゲットだ。
最近は、情報に頼る人はインターネットなど自分で客観的な情報を調べてしまうからである。
でも、親しくしている人が自分に一生懸命尽くしてくれるのをみて、「その人から」買う人もいるのだ。
マンションセールスの彼も、人当たりは悪くなさそうだったので、もしかしたら(最初からマンション販売を押しつけずに親交を深めたら)
彼から買う人はいるかもしれない。

開け放した窓から、反対側の建物で同じセールスを続け、断られ続けられる男の声を聞きながら、
そんなことを昔勉強したなぁ。と思い出した。でも、その後に実際に経験した訪問セールスではぼろぼろだったことも頭をよぎり、少しだけ彼を身近に感じた。
知っているのと実践することは大きく違うのだ。

しかし、残念ながらここのアパートでは買う人はいないだろう。
彼は知らないかもしれないが、○○○(会社名)はここ2年で4回は人を変えてセールスを差し向けてきている。
断っても断ってもやってくるのは嫌な印象しか残らないし、そんな会社と関わるつもりはない。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-06 12:47 | 問題解決

駅の七夕

a0006436_8251897.jpg

もうすぐ七夕

今年の夏も健やかに過ごせますように。
[PR]
by stafy77 | 2006-07-03 08:25 | ひとりごと

卒業式に告白?

町を歩いたら、振袖の女性を何人も見かけた。
今日、卒業式という人は多いだろう。

「卒業」っていう言葉には、どことなく、じんと来る響きがある。

社会人になってしまうと、一定期間所属した場所から違う組織に移動しても
「卒業」とは言わない。単なる配置転換だったり、転職だったり・・・

・・・と考えていくと、卒業って、本当は誰かが「卒業だよ」って認めてくれるから
卒業だったんだよなぁ。という思いに行き当たる。

もちろん、「自分は***から卒業した!」って自分に言うのもできるけれど、
それを周りが認めるかどうかは別問題だ。

ちなみに、自分のいた部活やサークルでは、もう部活にいかなくてもよいというタイミングで
「追い出し」会なるものをやっていた。

こっちの方が名前はきついけれど、中身は実感がこもっている。

そういえば、卒業式に告白する人って、どれぐらいいるんだろうか。。
告白したら、どちらにしても今の関係じゃなくなっちゃうから
だから卒業式なんだよね。

今振り返って・・・自分は卒業式にすら告白出来なかったへたれなので、
まぁ、大きなことは言えないけれど。

自分が今、後悔していることは・・・
昔の友達と、もっとマメに連絡をとっていればよかった!っていうこと。

告白した関係じゃないけれど、卒業してから帰って仲良くなるってことも
きっとあるから。

以上、ちょっと尻切れとんぼな文章、卒業について思ったことでした。
[PR]
by stafy77 | 2004-03-19 19:13 | 出来事

背中を押してくれる人

今日、今の状態を客観的に判断が出来る人と話をした。
自分についても、的を得たアドバイスをしてくれた。
「君はこれから、こういう風にしなくちゃ駄目だ!って」

話が出来ただけでも、この人に出会えてよかったと思った。
そして、一歩自分が踏み出したら、今日のことが大きなきっかけとして
心に残ることになるんだろうなと思った。

それが小さなことか、または大きなことかは、、自分次第。
[PR]
by stafy77 | 2004-03-16 17:48 | 出来事