最近はまっている楽器 「ケーナ」


最近ケーナにはまっている。
そもそもの出会いは、去年の夏に遊びに行った清里で

夢弦工房という手作り楽器屋さんが出張に来ていて、何気なく買ったもの。

(ちなみに清里からのお土産はそのケーナだけで、
あとから、何しにいったんだ・・・と後悔)

昔から、音の出るおもちゃ?は大好き(飽きるもの早い)のであんまり
期待はしていなかったのだが、なかなか音は本格派・・・のような気がする。
(自分が吹くのは相当へたくそなので真偽の程は定かではないが)

いつもかばんに持ち歩いていて、
土日など、車で移動中に暇なときに、吹いている。
(運転中ではない。念のため)

ただ息を吹き込むだけの楽器は難しい。
リコーダーのように吹けばでるのならいいが、
穴や切れ目があって、そこから音を出してと言われても、なかなか簡単ではない。

それは、縦笛(ケーナや尺八)も、横笛(フルートやしの笛)も一緒だ。
そういえば、有名メーカーが作っている安価なおもちゃ(といっては失礼だが)

楽器で自分のお気に入りが、YAMAHAの横笛「ファイフ」だ。
フルートと同じような音の出し方をするが、小さくて軽い。
しかも、1000円で買えてしまう!
(そのうちリコーダーシリーズのように、半透明のやつが出てこないか心配)

音の出し方との問題があって、難易度はリーダーの比ではない。
こいつも、奥が深そうなので、いつもケーナと一緒に持ち歩いている。

願わくば、音量が半分になるアダプターのようなものがあれば、
家でもふけるのだが・・・
[PR]
by stafy77 | 2004-03-04 19:56 | テーマ:音楽
<< ブログの検索ってできるんかな・・・ 投稿の時の「カテゴリ」って >>